フジファブリック「若者のすべて」歌詞の意味は?”夏の終わり”に込み上げる感情を解釈してみる。

年代を問わず魅了し続ける、フジファブリックの夏の名曲『若者のすべて』。

ここでは、この曲に込められた歌詞の意味について解釈、考察をしていきたいと思います。

 

曲が流れた瞬間、フラッシュバックのように蘇る夏の記憶と、ノスタルジックな切なさが特徴の『若者のすべて』…。

 

ファンはもちろわん、多くの年代で愛され続ける『若者のすべて』の歌詞には、どのような想いが込められているのでしょうか?

ここでは歌詞に込められた意味を読み解きつつ、その歌詞は何を意味しているのか掘り下げていく内容となっていますので、一つの解釈のヒントにしていただけたらと思います。

「若者のすべて」はどんな曲?

歌詞フルサイズはここをタップ>>

真夏のピークが去った
天気予報士がテレビで言ってた
それでもいまだに街は
落ち着かないような気がしている

夕方5時のチャイムが
今日はなんだか胸に響いて
「運命」なんて便利なもので
ぼんやりさせて

最後の花火に今年もなったな
何年経っても思い出してしまうな

ないかな ないよな 
きっとね いないよな
会ったら言えるかな 
まぶた閉じて浮かべているよ

世界の約束を知って
それなりになって また戻って

街灯の明かりがまた
一つ点いて 帰りを急ぐよ
途切れた夢の続きを
とり戻したくなって

最後の花火に今年もなったな
何年経っても思い出してしまうな

ないかな ないよな
きっとね いないよな
会ったら言えるかな
まぶた閉じて浮かべているよ

すりむいたまま
僕はそっと歩き出して

最後の花火に今年もなったな
何年経っても思い出してしまうな

ないかな ないよな
なんてね 思ってた
まいったな まいったな
話すことに迷うな

最後の最後の花火が終わったら
僕らは変わるかな
同じ空を見上げているよ 

引用:「若者のすべて」作詞作曲/志村正彦

若者のすべて』は2007年11月7日にリリースされた『フジファブリック』の10枚目となるのシングル表題曲。

3枚目のアルバムである『TEENAGER』、初めてのベストアルバムである『SINGLES 2004-2009』、オムニバスアルバムである『アイのうた4』にも収録されています。

既に十数年以上前にリリースされた楽曲ですが、今でもCMやテレビ番組でも流れる名曲ですので、聞き覚えのある方も多いのではないでしょうか?

2009年に亡くなるまで数多くの良曲を生み出した志村さんですが、『若者のすべて』は特に評価が高く名曲といわれています。(公式では病名は不明。)

上のMVでは29歳の若さで亡くなった志村正彦さんがボーカルを勤めていますが、現在はもともとギタリストとして所属していた山内総一郎さんがボーカルを務めています。

ちなみに、山内さんバージョンの「若者のすべて」はこちらです↓

夏フェスでお馴染みのフジファブリックですから、今となってはこちらの山内さんバージョンの方が聴き慣れている感がありますね。

どちらが良いということではなく、どちらにも”違った感情”が描かれていて、唯一無二の良さがあります。

「若者のすべて」様々なアーティストがカバーした名曲。

また『若者のすべて』は、多数のアーティストがカバーしている名曲としても知られていますね。

2010年、『桜井和寿(Bank Band)』さんがカバーしたのを皮切りに、『藤井ふみや』さん、『槇原敬之』さん、『草野マサムネ(スピッツ)』さんなど、そうそうたる方たちがカバーし、ライブでも演奏されています。

楽曲の評価の高さがうかがえますね。

フジファブリック「若者のすべて」歌詞の意味を解釈

ここからは実際に歌詞の内容について掘り下げていきたいと思います。

「若者のすべて」は懐かしさの中にある寂しさや切なさが魅力の曲ですが、この曲に描かれる情景は、志村さんの故郷である山梨県の風景をイメージして作られたとのこと…。

作曲者である志村さんは

夏の終わりの最後の花火大会が終わった後の切なさや虚しさなど、感傷的になり考えてしまう所を歌った曲

引用:https://ja.wikipedia.org/

と語っていたそうです。

夏の終わりを描写した、切なくて美しい歌詞には、どのような意味が込められているのでしょうか?

限定的な描写が引き寄せる共感/Aメロ

真夏のピークが去った
天気予報士がテレビで言ってた

それでもいまだに街は
落ち着かないような気がしている

引用:「若者のすべて」作詞作曲/志村正彦

「真夏のピーク」という言葉には、暑さの表現だけでなく、にぎやかで勢いのある印象があります。

それが去っても街が落ち着かないというのは、単に街の喧騒が続いているという意味だけでなく、主人公の心情も表してそうですね。

音で感じる時間の経過と心情。/Bメロ

夕方5時のチャイムが
今日はなんだか胸に響いて
「運命」なんて便利なもので
ぼんやりさせて

引用:「若者のすべて」作詞作曲/志村正彦

夕方5時のチャイム」に特別な感情を抱いているようですね。

聞き慣れたチャイムが、いつもとは違った様に聞こえる、心境の変化があったのかもしれません。

そんな胸に響く感情も、何故だか理由が分からない。そんなときは、「それも一つの運命だったのかも。」と、曖昧なままにしておく。

 

ぼんやりと沈みゆく夕日とともに、時が止まったような雰囲気を感じる部分です。

花火とリンクする大切な思い出/サビ

最後の花火に今年もなったな
何年経っても思い出してしまうな

ないかな ないよな
きっとね いないよな
会ったら言えるかな
まぶた閉じて浮かべているよ

引用:「若者のすべて」作詞作曲/志村正彦

『花火』を見ると思い出す、忘れられない思い出が彼にはあるようです。

それは何年たっても変わらない新鮮な気持ち。

また、ここで会えたら・・・

再び会えることはないと分かっていても、「もしかしたら」という思いを抱き、想像をしているようですね。

 

彼にとって、とても大切な存在の人なのかもしれません。その人は今、どこで、何をしているのでしょうか?

「若者のすべて」2番Aメロ 歌詞の意味

世界の約束を知って
それなりになって
また戻って

引用:「若者のすべて」作詞作曲/志村正彦

「世界の約束を知って…」というのは大人になってしまったことを表現している気がします。

”あの頃”から年月が経ってしまったことと、懐かしむ想いが表れている気がします。

 

成長すると人は変わり、そしてまた元の自分を取り戻す、その繰り返し。

人はそういう生き物だと思います。

成長とともに….。/2番Bメロ

街灯の明かりがまた
一つ点いて 帰りを急ぐよ
途切れた夢の続きを
とり戻したくなって

引用:「若者のすべて」作詞作曲/志村正彦

子供の頃、暗くなる前に帰っておいでと、親から言われていた人も多いと思います。

夢中で楽しく遊んでいたのに、日が落ちて、街灯の明かりがともり出すと家に帰らなければならず、名残惜しさを感じつつも、明日への期待で満ちあふれていた帰り道。

 

大人になった今、街灯の明かりがともると、何かに夢中になっていた幼少期・・。

追いかけていた夢・・。

それらを思い出して虚しくなることもあるでしょう。

 

しかし同時に、幼き日の感情を取り戻したいという願望も、ささやかながら湧き上がって来るのではないでしょうか。

「若者のすべて」2番サビ 歌詞の意味

最後の花火に今年もなったな
何年経っても思い出してしまうな

ないかな ないよな
きっとね いないよな
会ったら言えるかな
まぶた閉じて浮かべているよ

引用:「若者のすべて」作詞作曲/志村正彦

夏といえば祭り、そのラストを飾る美しい花火。

色鮮やかな花火は束の間の華やかさの象徴で、終わりには寂しさや虚しさも感じさせるのもの。

音と映像、そして空気感は鮮明な記憶として残っていることでしょう。

 

その記憶で花火の光を浴びているのは大切な親友でしょうか、それとも好きだった子でしょうか。

 

何年経っても瞼の裏に浮かぶ光景を思い出して、黄昏るのでしょう。

大人になった彼の心を埋めるモノ。/Cメロ

すりむいたまま
僕はそっと歩き出して

引用:「若者のすべて」作詞作曲/志村正彦

大切な人との思い出は、時に寂しさや虚しさとなって彼に襲いかかります。

そんな時でさえ、弱々しくても、怯えながらでも前に進まなくてはなりません。

 

「すりむいたまま」というのは彼の心の状態を表している気がします。

それでも明日へ向かって歩き出します。

「若者のすべて」ラスサビ

最後の花火に今年もなったな
何年経っても思い出してしまうな

ないかな ないよな
なんてね 思ってた
まいったな まいったな
話すことに迷うな

引用:「若者のすべて」作詞作曲/志村正彦

1、2番サビに似ていますが、後半が変わっています。

現実で会えたのか、瞼の裏で会えたのか。

 

きっとまた出会うことはないとわかっているのに、想像しては緊張してしまう。

とてもロマンチックな表現ですよね。

同時に彼の気持ちが高ぶっているのも感じますね

最後の最後の花火が終わったら
僕らは変わるかな
同じ空を見上げているよ

引用:「若者のすべて」作詞作曲/志村正彦

今年最後の花火ではなく、大切な人を鮮明に思い出す最後の花火かもしれません。

 

夜空を照らす鮮やかな光が途切れると、彼らはまた一つ成長できるはずです。

傍にいても、遠く離れた場所にいても、彼らは同じ空を見上げているのだから。

 

ラスのサビは、ものすごく込み上げてくるものがありますね。

夏だからこそ、感じられる独特の空気と黄昏。

そこから生まれる歌詞は、多くの人の思い出にリンクして共感を呼ぶのでしょうね。

フジファブリック「若者のすべて」歌詞の意味は? まとめ

 

いかがでしたか?

大切な人との記憶に再び悲しみを感じても、主人公は同じ空を前向きに歩いていくのでしょう。

夏の終わりを美しく描写しながら、若者の成長過程も描かれています。

 

季節を問わず大好きな曲ですが、やはり夏になると絶対に聴かずにはいられない『若者のすべて』。

聴くたびに理由のわからない涙がこみ上げてきますが、そのあとにはスッキリした気分になれる曲です。

 

夏の黄昏どき、大切な人を思い出しながら聴きたい曲ですね。

以上、『若者のすべて』の歌詞の考察でした。




1 個のコメント

  • 私は、この歌詞を以下のように解釈しています。

    夏の終わり。今年もこの街の最後の花火の日がやってきました。おそらく主人公は、学生の時に、その当時付き合っていた彼女とこの花火を観に行ったのだと思います。でも、その後、主人公は勉学か仕事のためにこの街を離れることになり、二人は離れ離れになります。でも、いつかこの花火の日に再会を約束していたのかもしれません。
    それからどのくらい時間が経ったのか分かりませんが、主人公は、またこの街に戻ってきました。しかし、彼女にはそのことを伝えず、思い出の、そして約束の花火には行っていませんでした。
    今年最後の花火の日、主人公は仕事をしていたのでしょう。夕方5時の終業のチャイムが鳴ります。まるで今日こそあの子に会いに行けという合図のようにも聞こえました。でも、あんな約束彼女が覚えているはずない、きっと新しい彼氏でも作って仲良くやってるよ、どうせ自分たちは結ばれない運命だったのだと諦める気持ちもあり…
    でも、彼は決意します。途切れた夢(彼女と生きていく夢)を取り戻すため、主人公はその日、ついに花火に行くことを決め、帰路を急ぎます。急いでいたために途中で転んだのかもしれません。でも、すりむきながらも、決意を胸に花火に向かうのでした。
    でもあの子には会えないかもしれない。そう思いながら向かった花火会場で、なんと、彼女に再開することができたのです。ずっと自分の帰りを待ってくれていた彼女に何を話していいのか迷う主人公。でも彼は心に決めているのでしょう。最後の最後の花火が終わったら、一緒に生きていこうと告白するつもりなのだと思います。

    これは個人的な解釈ですし、天国の志村さんに、そんな意味じゃないよなんて笑われるかもしれませんが…

    でも、それにしても何度聞いても素敵な曲ですね!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です