『パパがも一度恋をした』フル動画【第1話】見逃しドラマ無料視聴しよう【2話3話4話5話6話7話/小澤征悦/塚地武雅/本上まなみ】

パパがも一度恋をした

ここでは実写ドラマパパがも一度恋をした第1話~最新話(全話)までの動画フルで無料視聴する方法と、見逃し配信の状況を紹介していきたいと思います。

ペンタくん

ドラマ『パパがも一度恋をした』は、漫画が原作の笑って泣ける究極のヒューマンコメディー。

最愛の妻を亡くし、絶望したパパが再び立ち上がるまでの”世にも奇妙な”愛の物語に注目です!

ドラマ『パパがも一度恋をした』見逃し動画を無料でフル視聴しよう

ドラマ『パパがも一度恋をした』は
FODプレミアム」で
第1話~最終回までの全話
フル動画で配信中!

「FODプレミアム」は2週間無料の
お試しキャンペーン」を実施中!

この期間内なら完全無料
動画を楽しむことができます。

もちろん解約金も一切かかりません。

  1. 初回登録は2週間無料の「お試し期間」あり
  2. 月額888円(税抜)で対象対象のコンテンツが見放題
  3. 1日あたり約32円という破格の安さ
  4. 継続利用で最大1,300円相当のポイントが無料でもらえる!
  5. フジテレビ系のドラマ・バラエティー・映画・アニメ・海外ドラマなど豊富なラインナップが最大40,000本!
  6. 有名雑誌など電子書籍も100誌以上読み放題!

お得な「FODプレミアム」を
詳しく解説
登録・解約の方法はコチラ↓

FODプレミアム

「FODプレミアム」無料登録、解約の方法を詳しく解説!利用料金はいくら?

※このページの情報は2020年 3月現在のものです。最新の配信状況は「FODプレミアム」公式サイトにてご確認ください。

ドラマ「パパがも一度恋をした」見逃し動画リンク・再放送

ドラマ「パパがも一度恋をした」動画リンク

「パパがも一度恋をした」見逃し配信


再放送について

現在はまだ再放送の予定は
発表されていません。


第1話~最終回までまとめて視聴


PR動画検索&告知、予告など

※動画共有サイト「Dailymotion」「PandoraTV」にアップロードされている動画は、公式ではない、違法のアップロード動画の可能性があります。

※動画共有サイトの注意点について>>

違法アップロードサイトで動画の視聴は危険です。

危険

違法アップロードの作品を視聴する場合には”リスクが伴う”ということを知っておく必要があります。

再生するとウィルスが仕込まれていたり、再生中に突如消えない広告が表示されたり、読み込みスピードが遅くなったりと、様々なデメリットもあります。

無料とは言え、その後のリスクを考えるとあまりオススメできないのが正直なところです。

※文化庁「違法ダウンロード広告委員会」によるQ&Aを参照>>

ですのでそれらのサイトでの視聴はおすすめしませんが、それでも見たいというう場合は自己責任でお願いします。

安全な方法でドラマ作品を視聴するには、公式の動画配信サイトなどを利用するようにしましょう!

ドラマ「パパがも一度恋をした」サイト別・動画配信状況。

フル動画・配信状況
FODプレミアム 〇 【見放題】
U-NEXT
dTV
Amazon prime video
Hulu

ドラマ「パパがも一度恋をした」は公式の動画配信サービス『FODプレミアム』で見放題で配信中。

パパがも一度恋をした

しかもFODプレミアムでは2週間無料お試しキャンペーンを実施中ですので、期間内なら対象の作品を完全無料で視聴が可能。

もちろん解約金も必要ありません。

ペンタくん

『FODプレミアム』ではフジテレビや東海テレビで放送された番組やドラマだけでなく、映画なども配信しているサービスです。

「パパがも一度恋をした」以外にも、これまでに放送された【大人の土ドラ枠】放送のドラマも見放題で視聴可能です!

「仮面同窓会」「それぞれの断崖」「悪魔の弁護人-贖罪の奏鳴曲-」「リカ」など話題作ばかりです!

見逃してしまった過去の放送も、第1話~最終話までまとめて見ることができます。

その他、話題のドラマも多数配信されていますので、気になる方はこの機会にチェックしてみては如何でしょうか?

登録方法については「FODプレミアムの無料登録をわかりやすく解説」のページで解説していますので、そちらを参照してください。

ドラマ「パパがも一度恋をした」詳細・イントロダクション

【イントロダクション】

2020年2月スタートの新ドラマ『パパがも一度恋をした』は、少しずつ再生されていく家族の絆をハートフルに描き、毎話、笑って泣ける、新時代のラブコメホームドラマです。

原作は「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)で連載された阿部潤さんの同名マンガで、映像化は今回が初めて。2016年にスタートした「オトナの土ドラ」シリーズでは、24作目にして初のコメディ作品です。

愛する妻が亡くなって以来、ショックで丸3年間引きこもり中の山下吾郎。娘・トモですら手をやくダメパパ・吾郎のもとに突如現れた不審な中年男。その正体は、吾郎を心配するあまり、けなげにもおっさん姿になって生まれ変わってきてくれた妻・多恵子だった。

人は見た目か、中身か――。
永遠の命題を、「亡き美人妻→おっさん」という、ドラマならではの究極のシチュエーションで描きます。

人は大切なものを失った時、どう生きていけばいいのか――。
愛し続けることは苦しみなのか、それとも幸福なのか――。

土曜の夜、シュールな笑いに包まれた究極の純愛物語にぜひ、ご期待ください!

引用元:https://www.tokai-tv.com/io/papakoi/

「パパがも一度恋をした」出演キャスト一覧
  • 小澤征悦
  • 塚地武雅
  • 本上まなみ
  • 福本莉子
  • 塚本高史
  • 麿赤兒

ドラマ「パパがも一度恋をした」原作について

ドラマ『パパがも一度恋をした』は、「週刊ビッグコミックスピリッツ」で連載されていた阿部潤さんによる同名コミックが原作

ペンタくん

これまでの「大人の土ドラ」シリーズではシリアスな内容や、サスペンスばかりでしたが、今回が始めてのコメディー作品となりますね。

一見するとタイトルは「恋愛モノかな?」と思いきや、なかなかぶっ飛んだあらすじのヒューマン作品に大注目です!

※その他、あらすじ、キャスト、主題歌についてはこちらの記事で紹介しています>>

ドラマ「パパがも一度恋をした」主要キャスト

パパがも一度恋をした

小澤征悦(おざわ・ゆきよし)

3年前に最愛の妻を亡くした事がきっかけでひきこもりになり、ニート生活を送っている主人公、山下五郎(やました・ごろう)を演じるのは小澤征悦さん。

元は商社マンでバリバリ仕事をこなす頼もしいパパだったのに、家族を失ったショックも大きく、妻の死を未だに受け入れられず墓参りもできていない。

ペンタくん

小澤征悦さんは、役6年ぶりの主演ドラマとなります。これまでにも数多くの個性的なキャラクターを演じてきた小澤さんの「山下五郎」に注目です。


パパがも一度恋をした

塚地武雅(つかじ・むが)

3年前にこの世を去ってしまった山下多恵子がよみがえって来た姿である「おっさん多恵子」を演じるのはドランクドラゴンの塚地無我さん。

突如としてこの世に舞い戻ったことに戸惑いながらも夫の五郎や娘と生活できることを心から喜ぶ「おっさん多恵子」・・・。

見た目はおっさんだが、中身は生前と何ら変わらない可愛らしい性格で乙女心も和せれていない。

ペンタくん

塚地さんは、今回が人生初めてのヒロイン役とのこと(っていうか普通そうでしょうけど、笑)。おっさんが”最愛の妻役”という部分がこのドラマの一番のキモになるので、俳優としても活躍する塚地さんの演技力に注目ですね。


パパがも一度恋をした

本上まなみ(ほんじょう・まなみ)

生前の山下多恵子を演じるのは、本上まなみさん。

山下家の精神的支柱であり女神のような存在だった山下多恵子だが、3年前に突然、交通事故で死んでしまう。

もともと若くて美人、そして人好きのする穏やかな性格で、とにかく家族にとって自慢の妻であり自慢の母だった。

天国から残した家族のことを見守っていたが、吾郎が立ち直れない状態を見かねて現世に降りてくる。

ペンタくん

まさに絵に書いたような良き妻で、良き母のイメージにぴったりの本上まなみさん。

それがまさか、おっさんとして蘇るなんて(笑)・・神の悪戯がどのように展開していくのか、楽しみですね。


パパがも一度恋をした

出典元:キャメルアーツ

麿赤兒(まろ・あかじ)

五郎の父で、山下毛でのんびり暮らしている「山下タロスケ」を演じるのは麿赤兒(まろ・あかじ)さん。息子の悩める姿をそっと見守ります。

五郎の父「山下タロスケ」は、山下家でのんびりと過ごしている。多恵子を亡くして失意の吾郎を心優しく見守っていたが、それが反って引きこもりを悪化させてしまった。

おっさん姿になって現れた多恵子を、真っ先に多恵子自身と認識するなど、時に優れた直観を発揮することも。

ペンタくん

最近だと「ルパンの娘」の伝説のスリ師であるおじいちゃん役が記憶に新しいですね。物語のキーマンとなりそうな役柄に注目です。

ドラマ「パパがも一度恋をした」各話のあらすじ

第1話:「最愛のママがおっさんの姿で帰ってきた!?」

3年前に最愛の妻・多恵子(本上まなみ)を亡くした山下吾郎(小澤征悦)。
ショックをひきずり自分の部屋に引きこもり続けている吾郎を一人娘のトモ(福本莉子)は心配していた。

そんなある日、二人の前に、“多恵子”だと名乗る全裸のおっさん(塚地武雅)が現れる。ンな訳あるか!と認めない吾郎とトモだったが、吾郎の父・タロスケ(麿赤兒)まで「多恵子さんが生き返ったんじゃ!」と騒ぎ出す始末に。

そんな中、多恵子の父・十郎(山田明郷)が吾郎の家にやってくる。この3年、ろくに働きもせず、家事もトモ任せの吾郎に堪忍袋の緒が切れたのだった。「あと一週間以内に再就職して見せろ。さもなければトモはうちで引き取る!」元プロレスラーの十郎。

言ったからには強引にでもトモと吾郎を引き離してしまう!トモまで失うわけにはいかない、と従兄弟のトカレフ(塚本高史)を巻き込んで就職活動を始める吾郎だったが、そんな吾郎をおっさんが付け回していて……

人は大切なものを失ったとき、どうやって立ち上がるのか。最愛の妻を失い、絶望したひとりの男が再び立ち上がるまでの世にも奇妙な“奇跡”の物語、開幕!

引用:https://www.tokai-tv.com/papakoi/story/

第2話:「吾郎とおっさんが愛の国へ!?」

死んだはずの妻(本上まなみ)がおっさん(塚地武雅)の姿で生き返った? 戸惑うばかりの夫・吾郎(小澤征悦)。しかし見た目はおっさんでも仕草や料理の味は、最愛の妻・多恵子そのもの。だとしたらそんなおっさんを自分は愛せるのか?

悶え悩む吾郎に、破天荒な従兄弟のトカレフ(塚本高史)がとんでもない助言をする。本当の奥さんかどうか確認したければ、ヤっちゃえばいい、と。

一方、娘のトモ(福本莉子)はおっさんがママだなんて受け入れられるはずもなかった。さらに一抹の寂しさを感じるトモ。おっさんが家に来てからというもの、家事などをおっさんが全部やってくれており、それ自体はありがたいものの今まで3年間、家族のために自分がやってきたことを取られたような気持になっていたのだ。自分なんて、この家に必要ないんじゃないか。思い悩むトモ。そんなトモの様子におっさんが気付くが……

トモの気持ちも知らず、おっさんと“愛の国ガンダーラ”に行くため、デートなどを繰り広げる吾郎。しかし、そこには越えられぬ大きな壁が!
人は見た目か中身か? 奇跡の愛の物語、第二話!

引用:https://www.tokai-tv.com/papakoi/story/

第3話:「おっさん多恵子、故郷へ帰る!!」

おっさん姿の多恵子、通称おっさん多恵子(塚地武雅)にようやく慣れ始める吾郎(小澤征悦)とトモ(福本莉子)。

そんな中、新たな騒動が巻き起こる。多恵子(本上まなみ)の父・十郎(山田明郷)が突然、家にやってきたのだ。

謎のおっさんと暮らす吾郎に怒りを爆発させる十郎。昭和のプロレスラーらしく吾郎をコブラツイストで締め上げるが、そこで吾郎は、おっさんが生き返った多恵子であることを叫んでしまい……

十郎に拒絶され意気消沈のおっさん多恵子。そんな様子を見ていた吾郎は、「十郎の家に行く!」と強引におっさん多恵子を連れ出してしまう。

その様子に不安を覚えるトモ(福本莉子)。一方、破天荒従兄弟・トカレフ(塚本高史)は吾郎の無鉄砲さを面白がって田舎までついてきてしまう。だが、当然、十郎は吾郎たちを受け入れず……

娘を失った老親の愛と悔恨、そしてほんのちょっとのあたたかな奇跡を描く、笑って泣ける第三話!
見た後、あなたはきっと家族に電話したくなる!

引用:https://www.tokai-tv.com/papakoi/story/

第4話:「小さな野獣がやってきた!!」

おっさん多恵子(塚地武雅)を帰ってきた妻・多恵子(本上まなみ)としてすっかり受け入れた吾郎(小澤征悦)は、娘のトモ(福本莉子)と共に夕食を作るその姿にウットリと惚けるが、そのトモが未だにおっさん多恵子のことを「おじさん」と呼んでいることにはモヤモヤが募るばかりだ。

そんなある日、タロスケ(麿赤兒)が浅草で焼鳥屋を営む従兄弟・菊三(大久保鷹)の孫・片瀬りの(粟野咲莉)を連れてきた。りのの母でシングルマザーのナナ(橋本マナミ)が海外出張の間、りのを山下家で預かることにしたと言うのだ。

「ともおねえちゃんは何でたえこさんをママって呼ばないの?中身はママなんでしょ?」りのの言葉にヒントを得た吾郎は、トモにおっさん多恵子をママと呼ばせるため、おっさん多恵子の見た目を変身させる作戦に出たものの…。

さらに山下家は、りのの突然の悪戯で大騒動に!りのの心にナナとの親子関係が影を射していると知った吾郎は…。

吾郎は母娘を幸せにできるのか?そして、トモとおっさん多恵子の関係の行方は?
あなたはお母さんに本当の気持ちを伝えてますか!

親子の絆に胸がキュンとなる第4話!

引用:https://www.tokai-tv.com/papakoi/story/

第5話:「妙子が不倫!?」

「たえ…こ?えぇえええーーー!?」吾郎(小澤征悦)が道ですれ違った女性は多恵子(本上まなみ)に瓜二つ。そしてなんと、トモ(福本莉子)のクラスの臨時担任・佐々木ミク(本上まなみ)だった!

そんな中、ミクが突然山下家を訪問してくる。おっさん多恵子(塚地武雅)も動揺を隠せない中、吾郎はミクの話を聞くうちに生前の美しかった時の多恵子を想い出し、涙が溢れ出してしまい……

翌日、吾郎は「多恵子に会いたい」と、トモの学校に来てしまう。不審者と間違われ取り囲まれた吾郎をミクが助け出す。そんなミクに多恵子とのなれそめを話す吾郎だったが、次第に興奮してミクと多恵子を混同し…。

ミクのある大胆な行動で二人は急接近!?
おっさん多恵子にも不倫疑惑!?
「人は見た目か中身か」。吾郎は誘惑に打ち勝つことが出来るのか?吾郎の真価が問われる第5話!

引用:https://www.tokai-tv.com/papakoi/story/

第6話:「多恵子、親友と再開☆彡」

多恵子(本上まなみ)の実家から、タイムカプセルに入っていた中学時代の多恵子の写真と手紙が送られてきた。吾郎(小澤征悦)は制服姿の多恵子の可愛さに瞬殺される。
その手紙をトモ(福本莉子)が読むと、写真に一緒に写っていた親友のえみこ(紺野まひる)との友情について書かれていた。えみこを懐かしむおっさん多恵子(塚地武雅)。

もう一度、多恵子にえみこと会わせてあげたい! そう思った吾郎は、えみこは既に離婚しており、実家を出て今は東京で働いているという情報を元にトカレフ(塚本高史)に行方を捜してもらう。

後日、トカレフが開いた合コンに現れたえみこに、吾郎はおっさん多恵子のことを親戚のガンスケと紹介した。えみことの再会に嬉しさを噛み締めているおっさん多恵子。
吾郎はえみこに、ガンスケが多恵子だとわかるように一計を案じるが…。

そんな中、えみこを付け狙うストーカー(矢野聖人)が現れ……!?
一方、トモは山下家のキッチンに貼られたカレンダーのとある日付に書かれている○印を発見し…。

多恵子の青春の日々が明らかに!友情も見た目じゃない!親友だからこそわかる本当の気持ち。深い友情にほっこりする第6話。

引用:https://www.tokai-tv.com/papakoi/story/

第7話:「多恵子が天国に帰るまであと8日..。」

多恵子(本上まなみ)があと8日で天国に帰らなければいけない!?

突然の告白に衝撃を受ける吾郎(小澤征悦)とトモ(福本莉子)。おっさん多恵子(塚地武雅)は、多恵子の死後、落ち込んでいた吾郎に元気を取り戻してもらうために天国の神様に頼んでここにやってきたという経緯を皆に話す。

多恵子の愛を感じ、余計に別れを受け入れられない吾郎。

そんな中、トカレフ(塚本高史)から好きな娘ができたと協力を求められる二人。吾郎はそれどころではないと拒否し部屋に引きこもってしまう。
仕方なくおっさん多恵子が付いていくと、トカレフの恋のお相手はおっさん多恵子のパート先の同僚、姫乃樹ティアラ(綾乃彩)だった!

トカレフは周囲から促され、意を決して想いを伝えようとするが撃沈!
ショックで橋から飛び降りようとしたところを、傷心で家を飛び出した吾郎に助けられる。

トカレフは吾郎に、吾郎と多恵子が憧れの夫婦だったと告白。

おっさん多恵子がこの世にいるうちに、ティアラと、吾郎と多恵子のような最高の二人になりたかったのだと……

トカレフの恋の行方は?そして残された時間を吾郎はどう過ごすべきなのか?
感動の第7話!

引用:https://www.tokai-tv.com/papakoi/story/

第8話:「多恵子が天国に帰るまであと8日..。」

おっさん多恵子(塚地武雅)の中にいる多恵子(本上まなみ)が天国に戻るまであとわずか!

そんな中、突然、おっさん多恵子が警察に追われることに。実はおっさん多恵子の外身は詐欺容疑で指名手配中の川上辰夫(塚地武雅・二役)という実在の男だったのだ。警察を振り切り何とか山下家に戻った吾郎(小澤征悦)とおっさん多恵子。すると、ふいに辰夫の人格が現れて…

ただでさえ時間がない中、問題山積の山下家。しかし吾郎は急にハローワークに通い始める。ママとの時間を大切にしてほしいトモ(福本莉子)は吾郎を責めるが、おっさん多恵子は家事をしたりといつもと変わらぬ生活を送る。二人の意図が分からないトモ。

引用:https://www.tokai-tv.com/papakoi/story/

ドラマ「パパがも一度恋をした」視聴者の期待の声!

30代男性
「パパがも一度恋をした」というタイトルからして、不倫とか恋愛ものかと思っていましたが、まさかのファンタジー要素を含んでいそうな内容に興味が沸いています(笑)これまでの大人の土ドラにはなかったようなコメディー要素抜群の作品のようなので、楽しみにしています。
30代女性
妻が生き返ったのはいいけど、それがおっさんの姿なんて・・・笑えるような、切ないような感情がわけわからなくなりそうなドラマですね(笑)塚地さんが生まれ変わった奥さん役ということもあって、笑える部分は多いと思いますし、小澤征悦さんは映画でもコメディー要素を含んだ役が多い気がしますので、楽しみにしています。原作もチェックしてみようかなと思います。
50代女性
最愛の人を失ったら、多くの人は夢でもいいから、もう一度その人に会いたいと願うことでしょう。その願いが叶ったら、これ以上の喜びはないはずですが、少し手違いがあったら一体どうなることでしょう?つまり最愛の人が別人の姿で現れるのです。妻を亡くした男性が、おっさんの姿で現れた妻をまた愛せるのでしょうか。このドラマは、まさにジェンダーを超えた愛を問う内容となりそうです。自分ならば一体この事実を受け入れられるか、じっくり考えながら楽しみたいです。

視聴者の期待の声をもっと見る>>
40代女性
3年前に妻を亡くして引きこもりになった夫のところに、妻が生まれ変わって来るという話です。が、生まれ変わった姿は中年のおっさんだったのです。記憶や性格や能力は同じで姿が違う妻・母に、家族はどのように接していくのでしょうか。想像がつきませんが、様々な思いを乗り越えて、受け入れていくうちに家族全員が立ち直っていくことを期待したいです。このドラマはキャストが重要だと思います。夫役の小澤征悦さんは意思が強い印象がありますが、引きこもりの役をうまく表現してくれると期待しています。妻役の本上さんは優しいお母さんにぴったりです。そして、おっさんの妻は塚地武雅さんです。本上さんと全く違う見た目で、理想的な妻・母を演じるのは、塚地さんしかいないと思います。他のキャストも期待できる方たちなので、それも楽しみです。

20代男性
今作ではおっさん多恵子役の塚地武雅さんの演技が注目ポイントだと思っています。私は塚地さんのバラエティ面での芸人らしさやドラマや映画での演技面での俳優らしさの部分ではとても応援しているので、今作で異色の配役ではありますがそれでも塚地さんらしいコメディ要素満載なドラマであってほしいと思います。そして作中で亡くなった多恵子さん役には本上まなみさんが出演するという事で本上まなみさんは個人的に私の好きな女優さんですので久しぶりに本上さんの演技が見れると思うと嬉しいです。天国から見守る多恵子さんをどう演じるのか期待しています。

50代男性
愛する妻の多恵子を亡くしたショックで、パパが3年間引きこもっているパパのもとに、多恵子が中年男の姿になって突如現れたことから始まります。今まで、ありそうなドラマなら、オバケになったり、愛犬の体を借りて話す事はありましたが、中年男だとは予測外の展開で、非常に面白そうです。人は、見た目を愛するのか、それとも、その人の中身を愛するのかという、究極の選択ですが、私は、恋人なら見た目ですが、結婚となると、毎日長い年月一緒に暮らすから、中身を選びます。塚地武雅が、多恵子役をどう演じるのか、楽しみと笑えそうで期待しています。

40代女性
よくありがちなバツイチ子持ちの女性が恋をする話のパパバージョンかと思いきや、キャストを見てビックリ!小澤征悦さんの[ 妻役]に塚地武雅さんの名前が!?何かの見間違いかと、読んでいくと確かに塚地さんが妻役ではないか!?と、ワクワクしました。ハンサムスーツやセクシーボイスアンドロボなどでみた、役者 塚地武雅は、芸人の顔とはまた別の一面を見ることが出来て大好きです。中身が本上まなみさんであることを意識しながら見たら、また違う面白さを味わえそうでとても楽しみです。

30代女性
見ていて笑ったり泣いたりできるような、温かいストーリに―なりそうだと思いました。塚地武雅さんと本上まなみさんが二人一役をされるという点は、初めは想像できないと思いましたが、ヒロインがおじさんというのは意外性があって面白そうです。見た目は全く違いますが、中身は妻であるおじさんのことを夫は再び愛すことができるのか、おじさんに生まれ変わった妻はどのように家族と接していくのか気になります。性別を超えた家族愛を感じることができる展開になってくれたらと、期待しています。

20代女性
いつのまにかすっかり演技派俳優としてキャリアを重ねている塚地武雅さんが今回は女性役とのことで、コミカルな演技とハートフルな展開を両方楽しめそうなドラマだなと感じます。原作コミックも読んだことがあるのですが、マンガだからこそ成立する笑いも多かったように感じます。真面目な顔をしてふざける小澤征悦さんはいつも安定して面白いですし、コメディが得意な主演のお二人が、どのように原作の魅力を再現してくれるのか楽しみです。

50代女性
大人の土ドラは悲惨で怖いドラマが多いので、コメディドラマで良かったと思いました。しかも、死んだ妻がおっさんの姿で帰ってきたという設定が面白いと思いました。主役の小澤征悦(ゆきよし)さんはドラマの「いだてん~東京オリムピック噺~」などに出ていたので、小澤さんの出る、コメディドラマは面白いと思います。また、共演者の塚地武雅さんはドラマの「緊急取調室」に出ていて、コメディドラマの出演が多いので、期待できると思います。

40代男性
このドラマでは、主演の小澤征悦さんがコメディーの作品に出演し、どのような役作りなのかが楽しみです。
また、小澤さんの相手となるヒロイン役である塚地武雅さんが、おっさん化した妻の多恵子役というのも面白く、現実的ではないけど笑いを誘う設定が見どころだと思います。
亡くなった妻の多恵子を本上まなみさんとは全く似つかないという点が最大の注目ポイントで、主人公の吾郎が見た目か中身という選択に悩まされながらもドタバタ劇を繰り広げるドラマに期待しています。
50代女性
漫画のドラマ化。愛する妻を事故で亡くし引きこもりになった父親(小澤征悦)を心配して天国から妻がおっさんに生まれ変わって戻ってくる。妻を演じるのが本上まなみで、生まれ変わりのおっさんを演じるのがドランクドラゴンの塚地武雅。いわゆる亡き美人妻がおっさんというギャップがドラマならではの楽しみです。役者人生初であろうヒロイン役のドランクドラゴンの塚地武雅さんがどんな感じで妻を演じ引きこもりの父親がどう立ち直って行かせるのかを期待してます。

30代男性
パパがも一度恋をしたでは、小澤征爾さん・塚地武雅さん・本上まなみさんの活躍に期待したいと思いました。愛する妻を亡くしてしまった夫が、再度、恋をするのが良いことなのかどうか、結果的によい考え方がわかるドラマになっていてほしいと期待しております。人は、大切なものを失った時、どう生きていけばいいのか戸惑うと思います。そんな中でも立ち直ることができる方法やヒントが見つかるようなドラマになっていてほしいと思いました。

50代女性
このドラマの設定が面白いですね。妻が亡くなりショックで3年間引きこもっている主人公のもとに、心配した妻が中年男の姿になってやって来るというストーリーで、楽しみです。主演の小澤征爾さんは見た目はこわもてですが、バラエティではまじめな顔で面白いことを言ったりする方で、このドラマでもそういった面白さを全面に出してくれるのでしょう。生まれ変わった中年のおっさんを演じる塚地武雄さんは、いかにも冴えない風貌ですが優しさがにじみ出ていて、女性らしいしぐさやセリフなど芸人さんの本領発揮、上手に表現されることと思います。思い切り笑ったり、しんみりしたり。すてきな家族愛を感じられてほっこりしそうな本作に期待しています。

30代女性
原作の漫画は読んだことがありませんが、亡くなった奥さんがおっさんになって帰ってくるという設定がとても面白いと思います。本上まなみさんが塚地武雅さんになってしまうというのは想像しただけで笑ってしまいます。その状況を迎え撃つ小澤征爾さんにも興味深いです。小澤さんといえば、コメディーのイメージがないので、どういった演技をなさるかが楽しみです。あとは娘役の女優さんも可愛らしく、ベテランの中でどう活躍されるか楽しみです。親戚役の塚本高史さんですが、あまり周りと深く関わらない、いい人なのか悪い人なのか掴みどころのない役など上手なので、今回の問題児役も期待しています。大人も楽しめるコメディ&いい話ドラマになることを楽しみにしています。

40代女性
原作がマンガのドラマ化なのですが、「マンガとイメージが・・・」なんていう少女漫画と違い、よいキャスティングではないでしょうか。マンガではハゲたおじさんで、少々マンガとは違いますが塚地武雅さん、よいと思います。お笑いだけでなく俳優さんとしてもとても好きなので、「ヒロイン」としてはもってこいではないでしょうか。本上まなみさんと二人一役なんておもしろい!小澤征悦さんも最近コメディーが多いように感じますが、塚地さん相手にどんな世界観を描いてくれるか楽しみです。

50代女性
キービジュアルのインパクトがすごいです。塚地さんと小澤さんのツーショットは、なぜこうなった!?感が強い。細かいことはさておいて、どんな姿になってでも一緒にいたいという夫婦愛に注目です。亡くなった妻が別の姿で残された家族の前に現れるという設定の作品はいろいろあるので、見比べるのもよいと思います。女性としてふるまう塚地武雅さんの演技は注目です。塚地さんは、似たモチーフの映画『ハンサムスーツ』で二人一役を演じています。同じ役を演じる本上まなみさんに似せた演技も楽しみです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です