『教場』フル動画【前編/後編】無料で視聴する方法【木村拓哉/工藤阿須加/川口春奈】

教場・ドラマ

ここでは特別ドラマ『教場』(前編・後編)のフル動画を無料で視聴する方法と、見逃し配信の状況を紹介していきます。

出来るだけ単純でわかりやすく紹介していきますので、参考にしてみてください。

このページでわかること
  1. 「教場」前編・後編を無料で見る方法
  2. 「FODプレミアム」登録方法と解約の流れ
  3. 「教場」あらすじ・ネタバレ感想

ドラマ「教場」前編・後編を無料で視聴する方法

教場の配信状況

特別ドラマ『教場』は、フジテレビ公式の動画配信サービス「FODプレミアム」で前編・後編ともに見放題で配信中。

1ヶ月の無料お試し体験】を利用すれば、見放題対象のコンテンツを、お金をかけることなく楽しむことができます。

期間は1ヶ月間となっていますので、ドラマ「教場」の前編・後編を見たあと、他のドラマも十分に楽しめます。

ペンタくん

通常は888円(税抜)の料金がかかりますが、Amazonアカウントを利用して申し込むことで、初回の1ヶ月を無料で利用することが出来るようになります。

もちろん、期間内に解約すれば料金はかかりませんし、解約金もかかりません。

それに継続で利用したとしても月額はたったの888円(税抜)ですので、1日あたり約32円という破格の利用料。

これだけの低価格でリスクを回避して動画の視聴ができるなら利用しないのはもったいないです。

※動画共有サイトの注意点について>>

違法アップロードサイトで動画の視聴は危険です。

危険

違法アップロードの作品を視聴する場合には”リスクが伴う”ということを知っておく必要があります。

再生するとウィルスが仕込まれていたり、再生中に突如消えない広告が表示されたり、読み込みスピードが遅くなったりと、様々なデメリットもあります。

無料とは言え、その後のリスクを考えるとあまりオススメできないのが正直なところです。

※文化庁「違法ダウンロード広告委員会」によるQ&Aを参照>>

ですのでそれらのサイトでの視聴はおすすめしませんが、それでも見たいというう場合は自己責任でお願いします。

「教場」記念のキムタク作品は期間限定!

ちなみに「FODプレミアム」では『教場』放送記念として、木村拓也さん主演のドラマを5作品、見放題で配信中

木村拓哉・教場・放送記念

HERO(2001)』『プライド』『PRICELESS』『CHANGE』など期間限定ではありますが、こちらも併せて無料お試し期間に楽しめるので、あわせてチェックしてみてください。

ペンタくん

実は、木村拓哉さんが出演するドラマ作品は、あまり長期で配信されることがありません。おそらく権利的な問題があるのでしょうね。

配信中のキムタク関連ドラマも期間限定で配信となっていますので、視聴はお早めにどうぞ。

それでは、無料登録の流れを紹介していきます。

「FODプレミアム」の登録と解約の流れ

「FODプレミアム」でドラマ『教場』の前編・後編を見る流れは以下のとおりです。

「FODプレミアム」登録の流れ↓

  1. 「今すぐ無料お試し」から「Amazonアカウント」でログイン
  2. 「確認画面へ進む」をクリック
  3. 「Amazon Pay」を利用にチェック「確定」で登録完了

3ステップで完了する、簡単な流れになります。

それではそれぞれ解説します。

①:「今すぐ無料お試し」から「Amazonアカウント」でログイン

FODプレミアム

「FODプレミアム」公式サイトの【今すぐ無料お試し】をクリック。

すると、以下のAmazonアカウントでログイン のページへ移動しますので、メールアドレスパスワードを入力してログインへ進んでください。

まだ、Amazonアカウントをお持ちでない方は、「新しいAmazonアカウントを作成」へ進んでください。

まだ「Amazonアカウント」を持っていないという方は【登録の流れを詳しく解説】のページでAmazonアカウントを作成する流れを解説していますので、そちらを参照してください。

②:「確認画面へ進む」をクリック

「確認画面へ進む」をクリックして進み、内容を確認します。

※この時「購入内容」と表示されていますが、Amazonアカウントを利用している場合、1ヶ月は無料ですのでご安心ください。

③:「Amazon Pay」を利用するをチェックし登録完了

その後は「支払い方法」を確認し「Amazon Pay」を利用するにチェック

「購入確定」で登録完了となります。

必ず、【お支払いにAmazon Payを利用する】にチェックを入れてください。

チェックし忘れると、無料お試しの対象にならない場合があります。

「FODプレミアム」解約の流れ

無料登録の前に解約方法も知っておきたいという方へ解約方法を紹介しておきます。

解約・退会の流れは以下のとおり
  1. 「マイメニュー」を開く
  2. 「月額コースの確認・解約」を選択
  3. 「この月額コースを解約する」を選択

「FODプレミアム」の解約は他の動画配信サービスと比べても比較的 簡単です。

面倒な手続きも、電話で解約の問い合わせをする必要もありません。

ドラマ「教場」の他にも人気ドラマが多数

「FODプレミアム」では『教場』の他にもおすすめのドラマ作品がたくさんあります。

先ほど紹介した、木村拓也さん主演のドラマ5作品の他、話題の人気作品も多数配信されています。

おすすめのドラマ作品
  • PRICELESS~あるわけねぇだろ、んなもん!~』(主演:木村拓哉)
  • HERO(2001)』(主演:木村拓哉)
  • CHANGE』(主演:木村拓哉)
  • プライド』(主演:木村拓哉)
  • 『絶対零度(シーズン1~4)』(主演:沢村一樹)
  • 『アライブ~がん専門医のカルテ~』(主演:松下奈緒・木村佳乃)
  • 『監察医 朝顔』(主演:上野樹里)
  • 『ラジエーションハウス』(主演:窪田正孝)
  • 『シャーロック』(主演:ディーンフジオカ・岩田剛典)
  • 『ルパンの娘』(主演:深田恭子)
  • 『悪魔の弁護人 御子柴礼司』(主演:要潤)
  • 『結婚できない男』(主演:阿部寛)

※このページの情報は2020年3月現在のものです。配信状況は変わる場合がありますので、最新の配信状況は「FODプレミアム」公式にて確認してください。

ドラマ「教場」前編・後編 あらすじ

 

この投稿をInstagramで見る

 

「教場」60周年特別企画(@kazamakyojo)がシェアした投稿

【あらすじ】

ここで生き残った者だけが、警察官になれる。
警察学校という密室…そこで、何が起きたのか。必死のサバイバルが始まる―

“教場”と呼ばれる警察学校の教室。
冷酷無比な教官・風間公親(かざま・きみちか/木村拓哉)が務める初任科第198期短期課程の教場では、生徒たちが日々、早朝6時起床から激しいトレーニングにさらされている。何より厳しいのがルール厳守。その行動は、常に監視体制に置かれ、誰かのミスは連帯で責任を負う。携帯電話も没収され、外出するためには許可が必要。そんな辛苦ともいえる究極の試練が待ち受ける警察学校には、様々な背景を持つ生徒たちが様々な動機で集まってきている。

また、警察学校という閉塞(へいそく)した極限状態で生徒たちが抱える葛藤も様々。「警察学校とは適性のない人間をふるい落とす場である」と考える教官・風間は、生徒がトラブルを抱えた途端、退校届を突きつける非情な男だ。また、いつも生徒たちに突然理解しがたい指令だけを告げて、その場を立ち去ってしまう。次々とふるいにかけられる“教場”という名のサバイバルゲームを生き抜くため、生徒たちの秘密と思惑が渦巻き、いろいろな事件が巻き起こっていく…。

“風間教場”のクラスメートは30人。果たして最後までふるい落とされずに生き残り、何人の生徒が卒業証書を手にすることができるのか?さらに風間は、生徒たちが起こす事件の複雑に絡み合った真相を解決していくことはできるのか?そして、生徒たちに非常識ともいえる謎の試練を与え続ける風間の真の狙いとは?

引用元:https://www.fujitv.co.jp/zettaireido/i

ドラマ「教場」主要キャスト

教場・ドラマ

風間公親(木村拓哉)

病気で給食した植松に変わり、担当教官になる風間公親(かざまきみちか)は、元神奈川県警捜査一課刑事である。

物腰が柔らかく生徒を恫喝するようなことはしないが、常に冷静で厳しい。白髪で焦点の定まらない目をしている。


教場・ドラマ

宮坂定(工藤阿須加)

元、小学校の教師だった宮坂定(みやさかさだむ)。過去に、一通りの少ない場所で事故を起こし、助からないかもしれない状況で地元の駐在警察官に助けられ、警察官を目指すようになった。

両親に猛反対され、一度は教職に就く。


教場・ドラマ

菱沼羽津希(川口春奈)

風間教場一の美貌を誇る菱沼葉津希(ひしぬまはずき)。かなり自信過剰な女生徒である。


教場・ドラマ

平田和道(林遣都)

転職組の平田和道(ひらたかずみち)は、元は外食チェーン店やビル管理のデスクワークをしていた。しかし、いずれも辛くてやめている。

警官の息子でありながら、クラス一の落ちこぼれ。

ちなみに、父親は宮坂を助けた駐在所の警察官である。


教場・ドラマ

楠本しのぶ(大島優子)

三班の班長である楠本しのぶは女子の中でも最も小柄な体格。元インテリアコーディネーターという経歴の持ち主。

頼れる姉貴肌で、取り調べ技術が高いと強化される。実は、2年前に婚約者をなくしている。


教場・ドラマ

岸川沙織(葵わかな)

”楠本しのぶ”とも最も親しい岸川沙織(きしかわさおり)は、気が弱くて頼りない性格。そんな自分を変えるため、警察官を目指す


教場・ドラマ

枝元佑奈(富田望生)

元女子レスリング選手という異色の経歴を持つ。


教場・ドラマ

日下部准(三浦翔平)

32歳の日下部准は2年前にC級ボクサーライセンスを返上した元プロボクサーという経歴を持つ。同い年の妻と3歳の娘が居る。学科の成績が芳しくなく、悩んでいる。


ドラマ「教場」キャスト一覧
  • 木村拓哉
  • 工藤阿須加
  • 川口春奈
  • 林遣都
  • 葵わかな
  • 井之脇海
  • 西畑大吾(なにわ男子/関西ジャニーズJr.)
  • 富田望生
  • 味方良介
  • 村井良大
  • 佐藤仁美
  • 和田正人
  • 石田 明(NON STYLE)
  • 高橋ひとみ
  • 筧 利夫
  • 光石 研(友情出演)
  • 大島優子
  • 三浦翔平
  • 小日向文世

原作:小説「教場」の詳細

小説『教場』長岡弘樹

ドラマ『教場』は、長岡弘樹による警察学校を舞台とした日本の警察小説シリーズが原作。既刊は連作短編集2巻、長編1巻およびスピンオフ1巻となっています。

(※ドラマでは『教場』『教場2』を原作としています。)

「警察学校は、優秀な警察官を育てるための機関ではなく、適性のない人間をふるい落とす場である」。

過酷な警察学校を舞台に生徒たちの成長を描く物語であると同時に、観察力に長けた教官が極限状態で生徒たちが抱いた邪(よこしま)な思惑を暴いていくミステリー作品でもあります。

これまでの警察小説とはまた一味違った、新たなジャンルを開拓した作品としても評価されています。

是非、ドラマと併せてチェックしてみてください。

ドラマ「教場」視聴者のネタバレ感想

30代男性
警察官になると言う事非常に厳しい教場を潜り抜けたものがなれるものだと認識しました。数々の問題を抱える生徒達を見抜く教官は流石でしたが、実際に警官になった人間もぎりぎりまで追い込まれているのを見て、凄いと思ってしまいました。強靭な精神力と人に奉仕するという気持ちを心底持っている人間こそが警察官になるべく人間だと思いました。実際の教場はどれほど厳しいかわからないですが、今回のドラマを見て警察官を尊敬する気持ちになりました。

40代女性
警察学校の厳しさがよく表現されていたと思います。同時に、生徒たちのそれぞれの背景もよく見えたことに、共感を持てました。風間教官にかかると、生徒たちが何を隠そうとも全てお見通しであるところに安心感があります。厳しさを前面に出している風間ですが、内面には一本筋が通ったものがあると痛感します。調達屋の樫村、拳銃所持の南原の真相を暴いていく風間の行為は、見事としか言いようがありませんでした。南原に拳銃を突きつけるシーンは、迫力がありました。

40代男性
警察学校が舞台のドラマに微妙かもと思いながらもストーリーの素晴らしさにどんどんはまってしまいました。主役の風間は教官として正解なのかわからないような無茶苦茶なところがありながらも善悪の判断が的確で、やはり元刑事だけあって観察力が鋭く驚くような展開が多くて面白かったです。そしてドラマが進めば進むほどに風間の信念は苦しんでる人のために手を差し伸べる警察官というのがあるのかなと感じました。木村拓哉の最近出演している作品の中では一番だと思いました。

視聴者のネタバレ感想をもっと見る>>
20代男性
最近のニュースを見ていると警察官は不祥事を起こすだけと思っていたが、今回の教場を見て警察学校は本当に厳しい指導を受けているのだとしりました。規律は厳しく、ミスは連帯責任は失敗したら周りにも迷惑がかかるので、必然的に行動の一つ一つが責任を持ってするようになるのだと感じました。それでも不祥事を起こす警察官が不思議です。これだけ問題を起こす警察学校はそうないと思いますが、問題を不祥事として終わらせずに何が大切な事なのかを学ばせる教官の教育の仕方は、教育する立場にある人全てが学んでほしいと思いました。生徒の変化を細かくチェックして事件を把握し大きくならないようにしている風間の観察眼は怖いと思いました。

20代女性
誰もが警察に憧れを持ち職についている訳ではないということと、同じ場所で試練を乗り越え、全員が仲良く生活するわけではなく恨み合い妬み合い成長していくのだと思いました。恐ろしい先生がいて何もかも感情ですらバレてしまいますが、いつの間にか警察という存在に誇りを持ちカッコ良くなっていました。人を傷つけたことのある人間は人を救うことができるというセリフに感動しました。自分がなりたいだけでなく、人の気持ちを背負いながら警察になることで、周りへの優しさが溢れ出ているんだと思いました。

40代女性
木村拓哉さん、圧巻の演技でした。どんどんドラマに引き込まれていきました。木村拓哉さん演じる風間公親が生徒達に発する言葉は私自身にもある弱い部分を突かれている様で心にズンズン響きました。生徒役の役者さん達も素晴らしかったです。木村拓哉さんの迫力に引っ張られるかの様にグングンと魅力的に演じていたと思います。新年早々素晴らしいドラマを見ました。心に響くドラマです。そして木村拓哉の凄さを改めて実感しました。

50代女性
とても見ごたえがあるドラマでした。警察学校の生徒は、あこがれや、恨みを持ったり、生活のため、親のためだったりと、様々な理由で、警察官になろうとしています。それを知ったうえで、風間教官は、苦しんでいる人の声に耳を傾けることができる警察官にするために、厳しく指導していたことが、しだいにわかってきました。資質が無い人は容赦なく辞めさせ、資質がある人には、短期間に凝り固まった考えを解きほぐし、正直な気持ちに気付かせようと、厳しく指導したことがわかりました。風間教官の抱えていた問題には詳しい説明がなかったのが少し残念でしたが、卒業式からの余韻のあるやさしい終わり方が良かったです。木村拓哉さんの表情を変えず、淡々と話す演技に引き込まれました。涙をこらえるようなしぐさにも感動しました。木村さんが演じることで、より、迫力のある素晴らしいドラマになったと思います。

20代女性
枝元が警察学校を辞めることになって、菱沼が一番驚いていたのが印象的でした。そして二人で話している時に、枝元が警察官になりたかったと本音を言っていたのが切なかったです。その後ハグをしていたのが良かったです。またみんなで卒業検定を頑張ったけど、失格になったのはビックリでした。風間教官と都築が感情むき出しで、言い合いになっているところはインパクトがありました。でもその想いがちゃんと伝わって合格になったのがほっとしました。

20代女性
南原が宮坂の警察手帳を奪って、脅していたのが怖かったです。宮坂が警察手帳を奪われたことを言えない気持ちが、すごくわかるなと感じました。そして風間教官が南原に銃を向けたところは、思わずハラハラしました。また菱沼が風間教官に好きと言ったのが驚きました。その後すぐに退校届を突きつけたのは、さすがだなと思いました。枝元が手話できるのはかっこよかったです。枝元が手話で尊敬しているところを、好きに変えていたのが印象的でした。

40代女性
警察学校が舞台のドラマなんて、始めて目にする気がします。警察官ではないものの、警察で働いている知人から、警察学校のことを聞いたことがありましたが、こんな独特な世界だとは思ってもみませんでした。まぁ、小説化する際に脚色しているとは思いますが、こんな世界が、今の時代に存在する事に衝撃を受けました。教官も、生徒も個性的でクセがある人物ばかり。今後の伏線らしき気になるシーンも多かったので、これからどのような事件がどんな問題に発展していくのか楽しみです。

40代女性
大島優子さんの演技力に驚きました。大島さんと言えば、元AKB48のアイドルというイメージが強く、ネームバリューでのキャスティングだと思っていたので、その演技に期待はしていませんでした。ところが、元アイドルとは思えない、本格的な演技。確かに、朝ドラ「スカーレット」でも、存在感ある演技を見せていましたが、たまたま役が演じやすいキャラクターだったのだろう。と思っていたので、今回も見事に演じきっていたことに衝撃を受けました。調べてみると、子役から活躍していた女優でもあったのですね。今後の女優・大島優子が楽しみです。

30代女性
警察学校の教授役、風間教授(木村拓哉)の役柄が見どころのひとつだと思います。人間の普遍的な心理や不自然な動作に着目して洞察力に優れていたりして犯罪者をいぶりだしていくのが面白いです。警察学校という特殊な形態がなかなかリアルに表現されていて新鮮ですが、規律を重んじる風土のなか不自然な行為をするものが自然に目立ってしまうのは当然で逆に犯罪者や違反者は判りやすいのかもしれないと思いました。現実の操作はいかに大変かというのもわかる気がしました。

40代女性
木村拓哉さんの役柄にひきこまれました。木村さん主演のドラマといえば、カッコイイ木村拓哉を見せるためのような作品が多かったので、いつもワンパターンな気がしていました。が、今回は面白かった。木村さん演じた風間教官は、カッコいいところは皆無。どちらかというと不気味悪ささえ感じるほど。そんな役柄をあのキムタクが演じたという事に衝撃を受けました。そして、その意外性の分インパクト大。これまでは、カッコイイ雰囲気が目立つため演技に目が行きませんでしたが、演技の上手さが感じられて良かったです。

50代女性
キャストがとても良すぎるドラマで、さすがフジテレビ開局60周年新春SPドラマだと思った。ストーリーも警察学校が主体のドラマですが、ここまで問題児が入校しているとはと思わせるもので、警察学校なのに犯罪者の集まりかと思った。木村拓哉さんの教官が凄くかっこいい。笑顔などなく冷静に生徒の内側を読む冷酷な教官という感じで、真に悪い生徒を見分ける事が出来るのが凄い。まだ前編だけみたけど後編も凄く楽しみに見てみたいと思うドラマだと思った。

40代女性
前半を見ましたがなかなかの内容で面白いです。教官がどのように教えたかだけかと思ったら生徒1人1人に何かしらあって事件が起きるその中で木村拓哉さん演じる教官が助けながら暴いていくのが面白いです。木村拓哉さんの教官にも裏がありそうでそれが何なのか気になって後半が楽しみで仕方がないです。生徒役の人もだんだん教官に協力していて最後はどうなるんだろうと気になり最後の結末がとても期待してしまいます。後半に全てが解決するかと思うととても面白いどろうなと期待しています。

20代女性
警察学校の実態をどこまで忠実に再現されているのかはわからないですが、警察官になるには相当の覚悟と努力が必要なんだなと感じました。優しすぎる人や素直すぎる人は向いていないのだと思います。逮捕術や取り調べ、職務質問のテクニック、法律の勉強や武道やランニングなどの体力づくり、スケッチの練習などしなければならない訓練ががたくさんあるのだと知りました。警察官になろうと思った理由も人それぞれなんですね。厳しい世界だなと思いました。

20代女性
このドラマは木村拓哉さん演じる風間教官が、ミステリアスな雰囲気で何を考えているのかわからない感じがハラハラしました。生徒たちのことを全て知っていたり、時にはスパイにしたりするのがすごいなと思いました。また平田が宮坂の手を拘束して、液体を飲ませようとしていたところは怖かったです。楠本が岸川に嫌がらせの手紙を送っていたのも驚きました。生徒がどんどん減っていくのが、過酷さや辛さを物語っていてリアルだなと思いました。

50代女性
『教場』の前編を見て、最初風間公親は冷徹な教官で、警察官に適正のない人材は容赦なく、ふるい落とし、退校させる非情な教官なんだと決めつけているところがありました。しかし、適正のあると思われる人材には、その才能を見抜き、助ける真の優しさを感じました。後編のみどころは、なぜ、風間が警察を嫌うのか、なぜ風間が警察学校にきたのか、義眼になったのかが明らかになることでしょう。そして、クラスの生徒30人の中の何人が警察官として活躍出来るかが、みどころだと思います。

30代女性
生徒が何か問題を起こすとすぐに退校するように宣告する、冷酷無比な教官風間。最初はとても怖い教官だと感じていました。しかし風間はいつも生徒のことを考え、一歩先を見据えた行動をしていた事がわかりました。冷たい教官では無く、情に熱い人だなと感じました。風間が警察を憎む理由がとても気になりました。何故そこまで警察を憎むようになったのか、右眼が何か関係しているように感じました。後編ではどんな事件が巻き起こっていくのか楽しみです。

40代男性
警察官を育成する警察学校での教官と生徒の厳しいストーリーに深みを感じました。警察官に向かない生徒を見抜く、教官の洞察力。そして、警察官に成るという事の難しさを知ることができました。人それぞれが持つ個性や将来性、実際はここまで厳しく教育しているのでしょうか?いや、もっと厳しいかもしれませんが、現実には警察官による事件も発生しており、警察官教育のの難しさを、改めて思い知るドラマであったと思います。正月早々、身が引き締まるドラマでした。

ドラマ「教場」出演者・関連おすすめ

  • 工藤阿須賀(くどう・あすか)主演ドラマ『連続殺人鬼カエル男』フル動画を無料で視聴する方法。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です