2020年 冬ドラマ

『心の傷を癒すということ』フル動画【第1話~最終回】見逃しドラマポイントで視聴しよう【柄本佑/尾野真千子】

心の傷を癒すということ

ここではNHKドラマ心の傷を癒すということ』の見逃し動画をポイントフル視聴する方法と、再放送の詳細について紹介していきます。

過去の放送を見逃してしまったという方は参考にしてみてください。

[voice icon="https://pentagonpapers-movie.jp/wp-content/uploads/2019/12/animal_penguin_baby-1.png" name="ペンタくん" type="l"]

NHK土曜ドラマ『心の傷を癒すということ』は阪神・淡路大震災時に被災者の”心のケア”のパイオニアとして奮闘し続けた精神科医の実話を元にしたヒューマンドラマです。

[/voice]

ドラマ『心の傷を癒すということ』フル動画を視聴しよう

心の傷を癒すということ』は、
「NHKオンデマンド」対応の
U-NEXT」でフル動画 配信中

有料対象のドラマも、
お試し期間にもらえるお得な
ポイントで楽しむことが可能です。

[btn class="rich_green"] ⇒ポイントで視聴する>>
[/btn]

「U-NEXT」は日本最大級の
動画配信サービス!

31日間のお試しトライアルの利用で
お得に視聴が可能です。

期間内の解約で料金は一切なし
もちろん、解約金もありません

[box class="yellow_box" title=""]
  1. 初回31日間の「お試しトライアル」あり
  2. 専用ページからの申し込みで「NHKオンデマンド」が視聴できるポイントゲット
  3. NHKのドラマはもちろん国内外のドラマ、映画アニメなど約14万本の動画が見放題!(※一部課金コンテンツあり)
  4. 継続利用でさらに1200ポイント毎月もらえる
  5. 「U-NEXT」には成人向けコンテンツも。
[/box]

詳しくは【登録方法、解約方法を解説】のページをご参照ください。

↓↓↓

[kanren postid="47"]

※このページの情報は2020年 3月現在のものです。最新の配信状況は「FODプレミアム」公式サイトにてご確認ください。

ドラマ「心の傷を癒すということ」再放送・動画リンク

[box class="pink_box" title=""]

【フル動画(第1話~全話)視聴リンク】

[btn]「NHKオンデマンド(U-NEXT)」[/btn]

【PR動画検索・告知、予告リンク】

[btn]YouTube[/btn]

※動画共有サイト「Dailymotion」「PandoraTV」にアップロードされている動画は、公式ではない、違法のアップロード動画の可能性があります。

※動画共有サイトの注意点について>>

違法アップロードサイトで動画の視聴は危険です。

危険

違法アップロードの作品を視聴する場合には”リスクが伴う”ということを知っておく必要があります。

再生するとウィルスが仕込まれていたり、再生中に突如消えない広告が表示されたり、読み込みスピードが遅くなったりと、様々なデメリットもあります。

無料とは言え、その後のリスクを考えるとあまりオススメできないのが正直なところです。

※文化庁「違法ダウンロード広告委員会」によるQ&Aを参照>>

ですのでそれらのサイトでの視聴はおすすめしませんが、それでも見たいというう場合は自己責任でお願いします。

安全な方法でドラマ作品を視聴するには、公式の動画配信サイトなどを利用するようにしましょう!

[/box]

ドラマ「心の傷を癒すということ」詳細/キャスト

【イントロダクション】

阪神・淡路大震災発生時、自ら被災しながらも、他の被災者の心のケアに奔走した若き精神科医・安克昌(あん・かつまさ)氏。手探りながらも多くの被災者の声に耳を傾け、心の痛みを共に感じ、寄り添い続けた日々。震災後の心のケアの実践に道筋をつけ、日本におけるPTSD(心的外傷後ストレス障害)研究の先駆者となりました。在日韓国人として生まれ、志半ばでこの世を去りながらも、険しい道を共に歩んだ妻との「夫婦の絆」と、彼が寄り添い続けた人々との「心の絆」を描きます。
主人公の精神科医・安和隆を柄本佑さんが演じ、妻役に尾野真千子さん、親友役に濱田岳さん、兄役にはNHKドラマ初出演となる森山直太朗さんが決定しました。阪神・淡路大震災から25年を迎える2020年に、人の心に寄り添い、心の絆を繊細に描くヒューマンドラマをお届けします。

安克昌氏の遺族関係者への取材から得た事実を元に、人の心の傷に寄り添い続けた精神科医の物語として大胆に再構成し、人物や団体名改称した上で、フィクションとしてお届けします。

引用:https://www.nhk.or.jp/drama/dodra/kokoro/html_kokoro_midokoro.html

↓クリックで拡大できます

[box class="glay_box" title="「心の傷を癒すということ」出演キャスト一覧"]

【出演者・キャスト一覧】

  • 安和隆(柄本佑)
  • 安終子(尾野真千子)
  • 安哲圭(石橋凌)
  • 朴美里(キムラ緑子)
  • 安智明(森山直太朗)
  • 安壮介(上川周作)
  • ママ(濱田マリ)
  • 結城理恵(谷村美月)
  • 北林史也(浅香航大)
[/box] [btn class="rich_green"] ⇒「U-NEXT(NHKオンデマンド)」無料登録はコチラ>>
[/btn]

ドラマ『心の傷を癒すということ』各話あらすじ

第1話「神戸、青春の街」

ジャズピアノと読書を愛する安和隆(柄本佑)は、幼い時に両親が韓国生まれと知って以来、自分が何者なのか模索していた。やがて親友の湯浅(濱田岳)と同じ大学の医学部に進み青春をおう歌。映画をきっかけに出会った終子(尾野真千子)と恋に落ちる。大学では精神科医の永野教授(近藤正臣)の影響で精神科の道を志すものの、父・哲圭(石橋凌)からは猛反対を受け……。そんな和隆が暮らす神戸の街を、1995年1月、大地震が襲う。

引用: https://www.nhk.or.jp/drama/dodra/kokoro/html_kokoro_story.html

第2話「僕たちの仕事」

大地震が起きてすぐ、安和隆(柄本佑)は勤務先の病院に向かう。そこで目にしたのは野戦病院さながらの光景だった。自分の無力さを痛感した和隆は、避難所を回りながら、精神科医として自分にできることは何かを模索し続ける。そんな中、旧知の新聞記者から「震災を内側から書いて欲しい」とコラムの連載の依頼を受け……。心の傷に苦しむ被災者に寄り添う日々が続く一方、和隆の実家では父・哲圭(石橋凌)の事業が傾き始める。

引用: https://www.nhk.or.jp/drama/dodra/kokoro/html_kokoro_story.html

第3話「見えない命綱」

震災から2か月。急速に街の再建設が進んでいく神戸。その一方で、多くの被災者が復興から取り残されていた。心の傷に苦しむ人々に寄り添い続ける安和隆(柄本佑)の前に、精神疾患を抱えた患者・片岡心愛(清水くるみ)が現れる。診察の結果、片岡の中には複数の人格が同居していることがわかる。治療に全力を尽くす和隆だったが、父・哲圭(石橋凌)の事業が破綻したことを知り…。

引用: https://www.nhk.or.jp/drama/dodra/kokoro/html_kokoro_story.html

第4話【最終回】「残された光」

震災から5年がたち、神戸の街は徐々に復興を遂げつつあった。新しい病院に移り、精神科医として理想の医療に燃える安和隆(柄本佑)。そんな中、和隆にがんが発覚する。仕事を中断して治療に専念するか、病を抱えながらも患者に向かい続けるか、選択を迫られる。自然治癒率は500分の1。幼い二人の子どもを抱えながら、身重の妻・終子(尾野真千子)と共に有効な治療法を探す和隆は、ついに「心のケア」の本質にたどり着く…。

引用: https://www.nhk.or.jp/drama/dodra/kokoro/html_kokoro_story.html

ドラマ「心の傷を癒すということ」視聴者の期待。

[voice icon="https://pentagonpapers-movie.jp/wp-content/uploads/2019/12/youngman_34.png" name="40代男性" type="l"]私は阪神大震災を経験しているので、ドラマがどういう展開になるのか楽しみにしています。そして主役が精神科医ということでいろいろな人たちの心の動きや感動的なストーリーを期待しています。あとは尾野真千子さんが好きなのでどんなキャラクターを演じるのか注目しています。「心の傷を癒すということ」放送を楽しみにしています

[/voice] [voice icon="https://pentagonpapers-movie.jp/wp-content/uploads/2019/12/woman_61.png" name="50代女性" type="l"]NHKドラマ初出演の森山直太朗さんの演技がみてみたいですね。濱田岳さんも親友役で出演されるようで、キャストが素晴らしくいいと思いました。「心の傷を癒すということ」は、私の記憶にも凄く残っている阪神淡路大震災の時に被災者の心のケアに翻弄した精神科医の実話のようでとても興味を持ちました。放送が楽しみです。

[/voice] [voice icon="https://pentagonpapers-movie.jp/wp-content/uploads/2019/12/youngwoman_41.png" name="40代女性" type="l"]阪神淡路大震災のこと明確に覚えている大災害です。実在した心療内科医でPTSDの先駆者である方のようで興味が湧いてきました。「心の傷を癒すということ」は人々に寄り添って生きた精神科医を描くヒューマンドラマのようで、ひさしぶりに心から感動できるドラマになるんじゃないかと期待しています。

[/voice] [voice icon="https://pentagonpapers-movie.jp/wp-content/uploads/2019/12/youngwoman_48-1.png" name="30代女性" type="l"]「心の傷を癒すということ」は阪神大震災後にPTSDという言葉に馴染みがなかったころに被災者に寄り添った医師を柄本佑さんが演じられるようです。柄本さんの奥さん役には尾野真千子さんが出演しますが、医師という多忙な仕事をする夫を明るく支えるシーンが見られそうで期待しています。

[/voice] [voice icon="https://pentagonpapers-movie.jp/wp-content/uploads/2019/12/youngman_29.png" name="30代男性" type="l"]被災者の心のケアをする先生のドラマというのが興味深く、おもしろそうだなと思いました。日本に住んでいる限りは、災害で何かした被災する可能性があるんです。「心の傷を癒すということ」のドラマの中で、柄本さんがどうやって傷ついた心を癒していくのかが気になります。ドラマを見て勉強していきたいと思います。

[/voice]
視聴者の期待の声もっと見る>>
[voice icon="https://pentagonpapers-movie.jp/wp-content/uploads/2019/12/youngman_27.png" name="20代男性" type="l"]主演の柄本佑さんをはじめとして尾田真千子さんや谷村美月さんなど演技派の俳優さんを多く出演されているのでリアルで感情移入出来るような作品になっていることを期待しています。今回の物語は阪神・淡路大震災時の話で、これからの日本に起こりうる自然災害の出来事とリンクする部分が少なからずあると思うので、そこに注目しながら見てみたいと思いました。

[/voice] [voice icon="https://pentagonpapers-movie.jp/wp-content/uploads/2019/12/woman_61.png" name="50代女性" type="l"]阪神・淡路大震災後、初めて日本でPTSDという言葉がクローズアップされました。実在の人物をモデルにそのPTSDの研究者として治療活動に奔走された精神科医の姿を描いたドラマということで、震災の悲惨さ、実際被害にあわれた方、犠牲になった家族がいる方の苦しみ、悲しみなどに思いをはせ、さらには日本中でいろいろな出来事により、この症状で苦しんでいる方々の癒しとなるようなドラマであったらいいなと期待しています。精神科医に柄本佑さん、妻に尾野真千子さんと堅実なキャストで、きっと心を打つ作品になることを予感させます。また、親友役の濱田岳さんは大好きな俳優さんなので楽しみにしています。

[/voice] [voice icon="https://pentagonpapers-movie.jp/wp-content/uploads/2019/12/woman_61.png" name="50代女性" type="l"]錚々たる出演者の顔ぶれから、ドラマとして期待できます。実話がもとになっているのでしょうか。NHKは、阪神・淡路大震災にまつわるドラマを、断続的に制作して送り出しています。今回のドラマも、丁寧に、かつ被災者の心によりそった作りになっていることが想像できます。見逃せないドラマだと思います。

[/voice] [voice icon="https://pentagonpapers-movie.jp/wp-content/uploads/2019/12/youngwoman_48-1.png" name="30代女性" type="l"]柄本佑さんが演じる役がジャズピアノがプロ級の腕前という設定ですが、本人がピアノを弾いているシーンがあるのか気になります。ドラマの中でどんなジャズが流れるのかの気になります。ジャズが好きな方はそんな楽しみ方もあるかと思いました。

[/voice] [voice icon="https://pentagonpapers-movie.jp/wp-content/uploads/2019/12/youngwoman_48-1.png" name="30代女性" type="l"]神戸が比較的身近な場所なので、舞台が神戸という点に注目しています。被災はしていませんが震災時の混乱は記憶にあるのでとても興味深いストーリーだと思いました。被災者を精神科のお医者さんがどのようにケアしていったのか興味が持てました。

[/voice] [voice icon="https://pentagonpapers-movie.jp/wp-content/uploads/2019/12/youngwoman_48-1.png" name="30代女性" type="l"]柄本佑、濱田岳、森山直太朗といった二枚目ではないキャストの演技に期待しています。俳優でない森山直太朗の演技に特に注目しています。あとは関西在住なので阪神淡路大震災がどのように描かれているのかも気になる点です。

[/voice] [voice icon="https://pentagonpapers-movie.jp/wp-content/uploads/2019/12/youngwoman_41.png" name="40代女性" type="l"]このドラマの注目ポイントは、なんと言っても柄本佑さん演じる精神科医のたたずまいだと思います。阪神大震災時の心のケアを担当するお医者さんでありながら、ジャズをこよなく愛しピアノの腕前はプロ級という役どころなので、それをどのように演じるのか興味深いです。

[/voice] [voice icon="https://pentagonpapers-movie.jp/wp-content/uploads/2019/12/youngwoman_48-1.png" name="30代女性" type="l"]阪神大震災発生時、私は起こったことの重大さをよく理解していませんでしたが、テレビ画面に映る倒壊した新幹線の高架や炎上する建物をはっきりと覚えています。被災地でその状況に直面した方々の受けた衝撃と絶望感は、想像してあまりあるものでしょう。そんな神戸で自らも被災しながら心のケアに努めた医師の実話とのことなので、当時の状況を知るためにもきちんと見たいと思います。災害大国の日本に住んでいるからこそ、見たいドラマです。

[/voice] [voice icon="https://pentagonpapers-movie.jp/wp-content/uploads/2019/12/youngwoman_48-1.png" name="30代女性" type="l"]PTSDのパイオニアということで、精神科勤務の私にとっては、かなり勉強になると思います。どう人々の心に寄り添っていったのかということを、柄本さんの高い演技力で再演してほしいです。また、なぜ若くして亡くなったかも気になります。そこの人間ドラマも楽しみです。

[/voice] [voice icon="https://pentagonpapers-movie.jp/wp-content/uploads/2019/12/youngwoman_48-1.png" name="30代女性" type="l"]阪神淡路大震災をテーマに、被災者に寄り添い、被災者の為に活動していたという、精神科医の安和隆さんにスポットを当てるということに、大変興味を持っています。柄本佑さんがどのように演じてくださるのかも楽しみです。ドラマを通して、これからまだいつか起こるかもしれない災害についても考えたいと思います。

[/voice] [voice icon="https://pentagonpapers-movie.jp/wp-content/uploads/2019/12/woman_61.png" name="50代女性" type="l"]若くして亡くなった精神科医の安克昌さんにとても興味を持ちました。関東淡路大震災時の対応にも興味を持ちました。安克昌さんがどのように患者さんと接し心を寄せ合って活動したが知りたくなりました。陰で支えた奥様の事も興味が湧きました。放送が楽しみです。

[/voice]

 

[btn class="rich_green"] ⇒「U-NEXT(NHKオンデマンド)」無料登録はコチラ>>
[/btn]
  • この記事を書いた人

トミー

音楽、ドラマ、映画、あらゆるエンタメをお得に楽しむ情報を紹介しています!おかげさまで当サイトも月間15万アクセス突破!今後ともよろしくお願いします

-2020年 冬ドラマ