菅田将暉/あいみょん『キスだけで』歌詞の意味を解釈。女だからが意味するものとは?

ここでは菅田将暉さんとあいみょんがコラボした楽曲、『キスだけで』の歌詞の意味について解釈+考察をしていきたいと思います。

 

菅田将暉さんが、あいみょんとコラボした「キスだけで feat あいみょん」は、2019年7月にリリースされたアルバム『LOVE』に収録されている楽曲。

 

この歌詞で特に気になるのは「女だから..」が意味することですが、これは一体何を意味するのでしょうか?

あいみょん『武道館ライブ
U-NEXT」で独占配信中!

31日間の無料体験で
完全無料で見ることができます

\31日間無料で見れます/

※詳しくは「あいみょん武道館ライブを無料で見る方法」を参照してください。

「キスだけで feat あいみょん」はどんな曲?

歌詞全文はここをクリック>>

私今日は女だから
今日は女だから
きっと 抱きしめて
もらえないでしょう
今日は女だから
今日は女だから
ずっと 溢れているでしょう

確かめなくても
湿ってく 揺らいでく
沈みたいの

キスだけでいけそうなの
傷だらけになるとしても
キスだけでここにきたの
やるせないね やる気ないね?

お前今日は女だから
今日は女だから
ちょっと 忍ばせているでしょう
お前今日も女だから
今日も女だから
そっと 触れていたい

待ち構えていても
歪んでく 乾いてく
急がなくちゃ

キスだけでいけそうなの?
傷つけてもかまわないの?
キスだけでここにきたの?
やるせないね 眠れないね

背中合わせの夜
心臓泣かせの夜
重なり合いたい気持ちをまたいで
抱きしめて
キスだけで

私今日は女だから
お前今日は女だから
いつも女だから
いつも女だから
今日も2人だから

引用:「キスだけで feat.あいみょん」作詞/あいみょん

菅田将暉『キスだけで feat あいみょん』は、2019年7月10日にリリースされたフルアルバム『LOVE』に収録されている楽曲。

 

普段から親交のあった二人の「共に何かを作りたい!」という想いが形になった楽曲で、作詞作曲は あいみょん が担当しています。

 

菅田将暉

初めてあいみょんの曲を聴いた時に勝手ながら縁を感じ、この人に会いたい!と強く感じたことを覚えています。会わなきゃ、と言うか、あんな衝動に駆られたのは初めてでした

対談を経て、気づいたら公園で一緒にギターを弾き、歌い、隣にいる(石崎)ひゅーいくんはベロベロな中、『何か作りたいね』なんて話をしながら彼女と朝まで恋バナをしました。

そしたらふと携帯に言葉をメモリ、こんな感じかな?と、彼女は歌い出し、それがもう今の曲でした。まんまです。その場で完成しました。

そのスピードと形にする力を間近で見れた事は僕にとって財産です。初めて感じたあの衝動の答えがそこにありました

 

『キスだけで feat あいみょん』は男女のストリーを描いた曲なのですが、歌うパートが普通の男女コラボとは違うのが特徴。

菅田将暉さんが女性目線で女性パートを歌い、あいみょんが男性目線で男性パートを歌うというもの。それぞれの目線があえて逆になっているという部分も注目の曲ですよね。

 

あいみょん

新しい領域、未体験の音域。とてもチャレンジな曲になったと思います。沢山の方に聴いてもらえますように。アルバムに参加できて嬉しかったです

ちょっと何かコメントで小ボケを挟もうかなぁ、と思ったけど、だっちんのコメントがあまりにも完璧すぎて辞めました

菅田将暉「キスだけで feat あいみょん」歌詞の意味は?

というわけで、菅田将暉さんと あいみょんがコラボした『キスだけで feat あいみょん』の歌詞について考察と解説をしていきます。

 

あいみょん にとって歌詞は「想像させてなんぼ。」という考えのようですが、この歌詞ではどんな想像をかきたててくれるのでしょうか?

「女だから…」で連想できる体の状態

私今日は女だから
今日は女だから
きっと 抱きしめて
もらえないでしょう

今日は女だから
今日は女だから
ずっと 溢れているでしょう

引用:「キスだけで feat.あいみょん」作詞/あいみょん

冒頭から、この曲のテーマである「女だから..」という言葉が繰り返されますが、これは女性の体の状態を表しています。

つまり「今日は生理だから」という意味。

 

歌詞中に直接的な表現はありませんが、「今日は…」という期間も限定されたような表現で女性特有のものといえばやはりそうなってしまいますね。

 

さらっと聴き流せば、この男女は特殊な関係性を持った「キスだけの関係」と受け取れなくもないですが、、、、、。どうやら男女間のリアルな一コマを切り取った歌詞になっているようです。

 

「今日は女だから、抱きしめてもらえないでしょう」というのはそのまんま・・・「今日は生理の日だから、そういう行為には及べない」ということを歌っています。

 

MVでは菅田将暉さんが女性目線で歌いながら、切ない表情を浮かべています。どちらかというと、申し訳なさそうな雰囲気でテンションの低さが伺えますね。

 

ところで「ずっと溢れているでしょう..」は、二つの意味で取れます。

 

1つ目は赤いアレが溢れているという表現。そして2つ目は彼への愛情が溢れているという表現です。

1つ目はそのまんまですが、2つ目の彼への愛情は「そういう行為によって確かめ合いたい”深い愛情”」に感じます。

確かめなくても
湿ってく 揺らいでく
沈みたいの

引用:「キスだけで feat.あいみょん」作詞/あいみょん

愛を確かめ合いたい。でも今は体が受け入れられる状態じゃない。

 

(人によっては、その日はそんな気持ちになれない方もいるので、この曲は誰にでも共感できる歌詞ではないかもしれません)

(1番・サビ)

キスだけでいけそうなの
傷だらけになるとしても
キスだけでここにきたの
やるせないね やる気ないね?

引用:「キスだけで feat.あいみょん」作詞/あいみょん

いきなり刺激的な歌詞で始まるサビ「いけそうなの」は「イケそうなの」という事でしょう。

 

彼との限られた触れ合いとなるキスだけで、それだけの感情の高ぶりと絶頂を感じられるという、色気のある表現だと思います。

 

「やるせないね」は、「気持ちのやり場がない」という意味。感情のやり場のなさを感じる歌詞ですね。

「キスだけで」2番Aメロ

お前今日は女だから
今日は女だから
ちょっと 忍ばせているでしょう
お前今日も女だから
今日も女だから
そっと 触れていたい

引用:「キスだけで feat.あいみょん」作詞/あいみょん

ここからは、彼氏目線の歌詞になります。

 

まず、最初の「①今日は女だから」と、後半の「②今日も女だから」では意味が違ってきます。「忍ばせる」というのは、気づかれないように隠し持つという意味。

 

もしかすると、この彼女は「今日は生理」ということをあえて言うこともなく..。「①今日は女だから⇒生理の日だから」察してほしいという感情なのかもしれません。

 

「今日も女だから」で初日ではないということも分かるわけですが、彼女の気持ちも察しつつ、そっと触れていたいという彼の優しさも感じる歌詞です。

待ち構えていても
歪んでく 乾いてく
急がなくちゃ

引用:「キスだけで feat.あいみょん」作詞/あいみょん

ここで「急がなくちゃ」なのは、何に対してなのでしょうか?

 

あいみょん は、生々しい感情や表現を、「相手に想像させてなんぼ」と以前からコメントしているので、いろいろな意味で解釈できますよね。

 

女性は感情で重なることを求めますが、男性はどうしても、体に起こる生理現象が感情よりも優先されてしまいます。

 

そんな男女の違いが現れている部分のようにも感じます。

「キスだけで」2番サビ

キスだけでいけそうなの?
傷つけてもかまわないの?
キスだけでここにきたの?
やるせないね 眠れないね

引用:「キスだけで feat.あいみょん」作詞/あいみょん

全て疑問形で描かれるサビ。

この彼女への質問とも取れる言葉の裏には、彼の隠された感情があるようです。

 

  • 「キスだけでいけそうなの?」⇒「本当にキスだけで満足なわけ?」
  • 「傷つけても構わないの?」⇒「感情が抑えきれなくなるよ?」

 

まさに探り合いのような気もしますが、そうは言っても、傷つけることなんてできないので、彼は行為に及びません。

 

彼氏の優しさを感じますね。二人はこんな気持ちのまま、眠れない夜を過ごすのでしょう。

「キスだけで」Cメロ~ラスサビ・歌詞の意味

背中合わせの夜
心臓泣かせの夜
重なり合いたい
気持ちをまたいで
抱きしめて
キスだけで

私今日は女だから
お前今日は女だから
いつも女だから
いつも女だから
今日も2人だから

引用:「キスだけで feat.あいみょん」作詞/あいみょん

今日も、二人は向かい合わずに夜を過ごす。「心臓泣かせ」というのは、二人とも感情は高ぶっているのに、その気持ちのやり場がない。ということでしょう。

 

この状態は数日は続きそうです。

だから、今日も「キスだけで…」

 

後半では、「今日は女だから」「いつも女だから」と繰り返されます。

 

この二つの”女”には違う意味が込められていて、

体に起きる生理現象としての『女』←生物学的に女。

もう一つは、『女』という生き物という事。

 

  • 女だから、感情だけで満足できるのよ
  • 女だから、時にはあなたを求めるのよ
  • 女だって、性欲を満たしたいのよ

 

まだまだあるとは思いますが、”女”って、いろいろな比喩が出来る言葉なんだなって思います。

 

「やっぱり、お前は女だからな..」という男目線の女性を理解しようとする気持ち。「私って女なんだからね…」という、女を理解できない男に対しての、女性目線の深い意味。

 

それらをすべてひっくるめて「今日も2人だから」と、これからも続いていく二人の愛。

 

何気ない日常の切り取り方が素晴らしいですね。

菅田将暉×あいみょん「キスだけで」歌詞の意味は? まとめ

 

菅田将暉さんと、あいみょんのコラボによる楽曲「キスだけで」。

とてもおしゃれな雰囲気漂う曲なのですが、以外にもちょっと生々しい男女の関係性を歌った曲でした。

 

ただ、そんな二人の付き合いの中で、この瞬間を切り取って”二人の愛の深さ”を表現したという事。

 

そして、それぞれがお互いに思いやりを持って考えているという、優しさを感じる歌詞でもありました。

 

聴き手の恋愛経験でどうにでも解釈できる今回の楽曲「キスだけで」。

あなたは、どの目線で、どのように解釈しましたか?

あいみょん『武道館ライブ
U-NEXT」で独占配信中!

31日間の無料体験で
完全無料で見ることができます

\31日間無料で見れます/

※詳しくは「あいみょん武道館ライブを無料で見る方法」を参照してください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です