「木村佳乃」2020/出演ドラマ&おすすめ作品10選【NHK、サスペンス、医療、幼稚園】

木村佳乃・おすすめドラマ

ここでは木村佳乃(きむら・よしの)さんが2020年に出演するドラマの詳細と、過去に出演したおすすめドラマを10作品紹介していきたいと思います!

木村佳乃さんの魅力が堪能できる作品をまとめた、2020年最新版となっていますので、参考にしてみてください。

このページで分かること!
  • 木村佳乃:2020年の出演ドラマ
  • 木村佳乃:ドラマおすすめ作品10選

木村佳乃:2020年 出演ドラマ

『アライブ~がん専門医のカルテ』

アライブ・ドラマ

木村佳乃さんが出演する2020年1月期放送のドラマ『アライブ~がん専門医のカルテ~』は、最新のメディカル・ヒューマンドラマ。

主演は松下奈緒さんですが、ほとんど木村佳乃さんとのダブル主演といっても過言ではありません。

腫瘍内科医で、”がんのスペシャリスト”である主人公、恩田心(通称:おんころ先生)を松下奈緒さんが演じ、そのバディ役となる”がんを切る消化器外科の名医”である梶山薫(かじやま・かおる)を木村佳乃さんが演じています。

木村佳乃さん演じる梶山薫は、有能な消化器外科医で、腕が良いと評判の医師。

数々の手術をこなしてきた経験の持ち主です。特に“サイレントキラー”と呼ばれるすい臓がんの手術などを有能な手技で行い“がんを切る女医”としてがんの知識にとても長けています。

常に冷静沈着で瞬時に正しい判断ができる薫先生ですが、恋愛関係になるのは常に一筋縄ではいかない男性ばかり。

そして、主人公である”心”に対して、絶対に言えない秘密を抱えています。

ペンタくん

迫真かつ、体当たりの演技で患者と向きあう薫先生。

木村佳乃さんじゃないとできない役です!第2話の乳がん患者に寄り添うシーンは感動しました。

⇒『アライブ~がん専門医のカルテ~』見逃し動画の無料視聴へ>>

木村佳乃(きむらよしの) ドラマおすすめ10選!

ここからは、木村佳乃さんのおすすめドラマを10作品紹介していきます。

後妻業(2019年)

後妻業』は2019年の1月~3月に放送されたドラマで、お金持ちの老人の遺産を目的に結婚を繰り返す後妻業で収入を得る女性の物語。大阪を舞台とした痛快サスペンスドラマとなっています。

主演である木村佳乃さんは男を虜にする美貌と才能を持つ後妻業のトップ”武内小夜子”を演じていて、結婚詐欺師という悪い役なのに、なんだか憎めない女性というキャラクター。

大阪弁のセリフで演技をされていますがなかなか上手でセリフ回しも見どころの一つです!

あなたには渡さない(2018年)

あなたには渡さない』は2018年の11月~12月まで放送されたテレ朝系のドラマで、小説「隠れ菊」が現代版としてリメイクされた作品です。

まさに、大人の愛が濃く描かれたドロドロ恋愛ドラマですね。

主演の木村佳乃さんは本妻の役を演じているのですが、平凡な主婦から料亭の女将へとかわっていく木村佳乃さんの演技は土壇場での女の執念の強さのようなものを感じます。

初回からいきなり始まる愛人と本妻の対決が見ものです。

ひよっこ(2017年)

ひよっこ』は2017年の4月~9月までNHKの連続テレビ小説として放送されたドラマで、時代は1964年。東京オリンピックの頃を描いています。

主演である有村架純さん演じる”みね子”が山奥の村から失踪した父親を探すために東京へ就職し、そこで成長していく様子を描いた作品です。

木村佳乃さんは主人公の母親を演じています。家事と農作業を両立したり、娘のために洋服を仕立てたりする良い母親がとてもよく似合っています。

僕のやばい妻(2016年)

僕のやばい妻』は2016年の4月~6月に放送されていたドラマ。伊藤英明さん主演で、原作のないドラマオリジナル作品となっています。

突然の誘拐事件をきっかけに妻の本性がだんだんと明らかになっていく、スピード感あるサスペンスドラマで、木村佳乃さんは主人公である伊藤英明さんの妻を演じています。

笑顔なのに恐ろしい雰囲気をまとっているような”狂気に満ちた演技”をする木村佳乃さんに引き込まれます。

その他の豪華キャストにも注目ですよ!

罪人の嘘(2014年)

罪人の嘘

罪人の嘘』は2014年の8月~9月にWOWOWで放送されたリーガルサスペンスドラマです。主演の伊藤英明さんが、悪名高い弁護士を演じています。

木村佳乃さんは医師として登場するのですが、主人公の笠原(伊藤英明)とは児童養護施設で一緒に育った幼馴染という設定です。

木村さんの演技でよく見かけるツンとしたイメージではなく、優しい印象の役柄。違和感なくこなされていて、どんな役も似合うことにびっくりです。

はつ恋(2012年)

はつ恋』は2012年の5月~7月に放送された中園ミホさん脚本のドラマです。

学生の頃に付き合っていた人に思いがけず再会・・・。医師であるその人に自分の命を預けることになり、だんだんと気持ちも揺らいでしまうという純愛ストーリーです。

木村さんは主人公の女性”村上縁”を演じています。

妻として母親として病気を治さなければならないという気持ち、自分の命を救ってくれた初恋の恩人に気持ちが揺らいでしまう思いを上手に表現されています。

名前をなくした女神(2011年)

名前をなくした女神』は2011年の4月~6月に放送されていたドラマ。主演は杏さんで、子供の小学校受験を目指すママ友たちを中心に描かれた物語です。

見栄や嫉妬などが絡み合う姿に”ママ友グループの恐ろしさ”を感じるドラマですね・・まさにママ友地獄!

木村佳乃さんはカリスマ読者モデルをしているセレブママを演じています。

絶対に娘の受験を成功させようと意気込んでいる母親の姿は鬼気迫るものを感じさせてくれますよ!

兄帰る(2009年)

兄帰る』は2009年2月14日から3週連続でWOWOWで放送されたドラマ。

3年前に突然行方不明になった婚約者が交通事故で死んだという出来事がきっかけで、主人公が婚約者の足跡を知るために旅に出る物語です。

舞台は東京から沖縄まで日本を横断して作られていて、木村佳乃は主演として旅にでる主人公を演じています。

人間の美しさが丁寧に描かれており、木村佳乃さんの自然な演技に心をうたれます。

パーフェクトラブ(1999年)

パーフェクトラブ

パーフェクトラブ』は1999年の7月~9月に放送されていたフジテレビ系のドラマ。

ナンパをすることが大好きなチャラチャラした”独身男”と、”いい男”を探すことに全力をつくすOL女が、ケンカをしながらもパーフェクトな恋愛にたどりつこうとする恋愛ストーリーです。

木村佳乃さんは主演の福山雅治さんの相手役でヒロインの”小山田千草”を演じています。

若さあふれる演技が恋愛ドラマにピッタリとハマっていますね!このころからすでに演技力は圧巻です。

嫌な女(2016年)映画

嫌な女』は2016年6月25日に公開された黒木瞳さんが監督の映画。(※こちらは映画なのですが、どうしても紹介したかったので10作品に入れました。)

原作は桂望美さんの長編小説で、木村佳乃さんと吉田羊さんのダブル主演の映画となっています。

木村佳乃さんは女結婚詐欺師とも言える嫌な女を熱演。男をだましているのに全く悪びれていないという性格の曲がった女のはずなのに、カラカラとした演技のおかげで見ていても不快ではありません(笑)。

名女優同士の言い合いのシーンも見どころですよ!

木村佳乃2020出演ドラマ&おすすめ まとめ

木村佳乃・おすすめドラマ

木村佳乃さんのおすすめドラマを紹介してきましたが、いかがでしたか?(ドラマ9作品+映画1ですが・・)

美しさはもちろん、その演技力の高さにも定評のある木村佳乃さん。最近ではバラエティー番組にも多く出演し、おもしろさという面でもハイレベルになりつつある女優ですね(笑)

現在放送中のドラマ『アライブ~がん専門医のカルテ』でも過去を抱えた医師を熱演している木村佳乃さん。

おすすめドラマ10作品と併せて、しっかりチェックしてみてください。


おすすめ記事

がん専門医のカルテ・アライブ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です