official髭男dism『Laughter』歌詞の意味を解釈。映画「コンフィデンスマンJP」主題歌に込めた意味とは?

ここではofficial髭男dism(通称:ヒゲダン)の楽曲『Laughter』の歌詞の意味について考察&解釈をしていきたいと思います。

 

この曲は、2020年5月より公開される映画『コンフィデンスマンJP-ヒロイン編-』の主題歌としてofficial髭男dism(オフィシャルヒゲダンディズム)が書き下ろしたもの。

タイトルの読み方は『ラーフ』で、「笑ったり、はしゃいだりする」という意味となっています。

 

今回で「ヒゲダン」と「コンフィデンスマンJP」シリーズは3回目のタッグとなりますが、今回の楽曲『Laughter』の歌詞にはどんな意味が込められているのでしょうか?

ここでは歌詞に込められた意味を読み解きつつ、その歌詞は何を意味しているのか掘り下げていく内容となっていますので、一つの解釈のヒントにしていただけたらと思います。

official髭男『Laughter』はどんな曲?

※映画告知用の動画でしか曲は公開されていませんので、途中までの歌詞になります。そして、黒つぶしの部分はどうしても聞き取れなかった部分なので、わかり次第追記したいと思います。m(_ _)m

翼は動きますか?
本当に飛べますか?
YesもNoも言わずに
まっすぐに空を見てた

鳥ではない・・・・
ケージを壊した
YesでもNoでもなくて
飛びたいとはしゃいでる
それだけで

膝を抱えた昨日までの自分を
乗り越えたら….

引用:official髭男dism「Laughter」歌詞

※耳コピですので正確な歌詞ではありません。

official髭男dism(オフィシャルヒゲダンディズム)の楽曲『Laughter』(ラーフ)は、2020年5月より公開される映画『コンフィデンスマンJP【ヒロイン編】』の主題歌として書き下ろされたもの。

 

「コンフィデンスマンJP」シリーズとのタッグは今回で3回目となります。

ヒゲダンといえば、「コンフィデンスマンJP」という印象になってきてますね。

管理人Tomi

ドラマ版では『ノーダウト』、第一弾の劇場版(ロマンス編)では『Pretender』ですね。

どちらの楽曲も大ヒットしまくってましたから、今回も期待が高まります!

今回の楽曲に関してofficial髭男dismは『自分たちらしく生きていくこと。僕たちにとっては音楽だったりするんですけど。そういったものと一緒に歩む人生の素晴らしさについて歌った楽曲となっております。』とコメントしています。

 

歌詞にもあるように、自由への想いが歌詞に込められている気がしますね。

映画「コンフィデンスマンJP-ヒロイン編-」とは。

映画「コンフィデンスマンJP ヒロイン編」は、2020年5月01日に公開される映画で、2018年に公開された劇場版「コンフィデンスマンJP-ロマンス編-」の第2作目となる作品です。

 

あらすじは、マレーシアにあるランカウイ島を舞台に、世界有数の大富豪レイモンド・フウの遺産10兆円を巡ってコンゲーム(信用詐欺)が繰り広げられる!!

という内容。

 

お馴染みのメインキャストである、ダー子役の長澤まさみさん、ボクちゃん役の東出昌大さん、リチャード役の小日向文世さんの詐欺師トリオはもちろん、そんほかのゲストキャスト陣の豪華さにも大注目の映画となっています。

管理人Tomi

はっきり言って主役級のキャストばかりが勢ぞろいしています!

個人的にはデヴィ婦人の出演が驚きました(笑)

でも映画の世界観にはピッタリ!

official髭男『Laughter』歌詞の意味は?

現在のところ、歌詞の内容そのものが定かでないので、確かな歌詞がわかり次第、考察内容は追記していきたいと思います。

ちなみに今回の楽曲『Laughter』(ラーフ)を一足先に楽曲を聴いたという、ダー子役の長澤まさみさんは、、

ちょっと意味ありげな歌詞な気がして…。これはきっと映画のことを歌っているなと…」とコメントしていました。

きっと作品を見ないとわからない、映画の内容に寄り添った歌詞になっていることと思います!

管理人Tomi

書き下ろし作品の良いところは、映画の余韻に浸ったり、ストーリーを通して楽曲をより深く楽しめるという部分ですよね。

フルサイズの公開も待ち遠しいです。

まとめ

official髭男dism・オフィシャルヒゲダンディズム・

今回はofficial髭男dism(ヒゲダン)の楽曲『Laughter』の歌詞について映画「コンフィデンスマンJP-ヒロイン編-」とともに紹介しました。

まだ、楽曲も歌詞も、フルサイズで公開されていないので、より深い考察は詳細が分かりしだい追記していきたいと思います。

また、今回載せている歌詞についてはあくまで耳コピによるものなので、参考程度にして頂けたらと思いますm(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です