「ETCカードの利用明細」領収書を発行して印刷する方法を解説します!

今回はETCカードで利用した高速道路の利用料金の、領収書発行して印刷する方法を紹介していきます。

 

確定申告などでETCの利用料金を領収書として発行したいという方は、参考にしてみてください。

ETCカード利用の明細書を発行したいのです。

初めての確定申告の準備を進めていたところ、ある疑問が・・・・。

経理を計算するときに高速道路の利用明細が欲しいけど、ETCカードの場合はどうするんだろう?

領収書として発行できるのかな?

 

度々利用する高速利用料金。これを確定申告時に経費に入れようと思ったのですが、ETCカードって領収書貰えないですよね?。手動レーンを通ればもらえますけど、毎回やるわけにも行きません。

 

一応、クレジットカード(楽天)と一緒に申し込んだETCなので、Webで調べれば利用金額は分かります。でも、確認したところ個別で明細書を発行するのはできないとのこと。

 

それじゃ管理がしにいやんけ….(怒)。

 

楽天のETCカード利用者へのサービス業務怠慢さと、楽天リボ払いの悪質ぶりにイライラしながら訳で調べてみると、なにやら「ETC利用照会サービス」なるものを発見!

 

さっそく試してみることにしました。

ETC照会サービスって?

「ETC利用照会サービス」は、過去にETCで利用した高速料金の明細を確認、発行できるサービスです。

 

ちょっと古いデザインのサイトですが、モノは試しなので、やってみることに。ちなみに利用できるカードは以下のとおり

  • ETCクレジットカード
  • ETCパーソナルカード
  • ETCコーポレートカード

カードそれぞれの詳細者割愛します。詳しくは「ETC利用明細サービス」を参照

 

基本的には全てのETCカードで利用できるようですが、カードの種類によって照会できる条件があるようです。

ご登録には、ETCクレジットカード、ETCパーソナルカードの場合は過去15ヶ月以内に少なくとも1回、ETCコーポレートカードの場合は過去62日間に少なくとも1回、ご登録されるETCカードを使用して、ETC無線通行により高速道路を利用していることが必要です。

このようなご利用がないETCカードでは、本サービスにはご登録いただけませんので、ETC無線通行でご利用されてから、ご登録手続きを行ってください。

車載器が正しくセットアップされていない場合、本サービスにはご登録いただけません。セットアップについての詳しい説明はこちらをご覧ください。

ETCクレジットカード、ETCパーソナルカードを本サービスを新規に登録された場合、利用明細初期データを作成するために、お時間をいただいております。

本登録完了後、利用明細が表示されるまでに4時間程度を要しますので、あらかじめご了承ください。

 

長ったらしく書いてありますが、大事なのは赤文字の部分くらいです。これから利用する方は確認しておきましょう。

登録に必要なもの

登録には以下の物が必要なので、準備してください。

登録に必要なもの
  • (1)ETCカード(車載器に挿入して通行料金のお支払に使用されるカード
  • (2) メールアドレス
  • (3) 上記のETCカードで、ETC無線通行により高速道路をご利用した際の、車載器管理番号、車両番号(ナンバープレートの4桁の番号)、ご利用年月日

 

①の【ETCカード】は普段あなたが使っている、クルマに差し込んでるカード。もしくはこれから利用していくカードのこと。

 

②の【メールアドレス】は何でもOK。僕はYahooのアドレスで申込みました。

 

そして、③が少しわかりにくいので、解説します。

「車載器管理番号」と「車両番号」とは?

車載器番号」と言うのは、ETCカードを差し込む機械本体に書いてある、識別番号のこと。この貼り付けてある機械の裏にあります

 

だから、それを知るためには車からベリッと剥がすしかありません。

 

ウソです。

 

基本的にはETCカードを利用するためには、クルマに付けてあるETCの機械と一緒に、個人情報を登録するセットアップを行うことになってます。

 

なので、おそらく車の中の「車検証入れ」の中にその時の【ETC車載器セットアップ申込書・証明書】が入ってるはずです。

 

申込書の「車載器管理番号」を確認すれば、番号が確認できます。でもこの証明書がなかったら、仕方ないのでクルマからベリッとやっちゃってください。

 

(※ちなみに僕は元整備士なので、取り替えなどで何度もはがしてますが、なかなか剥がれません。強力粘着シート恐るべし。)

 

音声案内機能がついてる場合は、それで知ることもできるみたいですが、詳しくは「車載器管理番号の確認方法について」を参照して下さい。

 

車両番号は、そのまま車のナンバーですね。この2020の部分です。

 

「車載器管理番号」「車両番号」とか、とにかく漢字で書かれると解りにくいですよね(怒)。公共機関の説明ってホントに漢字ばっかで読みにくいですヽ(`Д´)ノ

 

では気を取り直して、次へ進みます。

「新規登録」の手順を解説。

それでは早速、新規登録していきたいと思います。

 

➊ETC利用紹介サービスの【新規登録ページ】へ移動します。

➋内容を確認して、画面真ん中の下にある【次へ】をクリック。

 

➌利用規約をさらさら~っと読んで、【同意する】をクリックします。

❹「メールアドレスを登録」し「画像認証を入力(すべて大文字)」して【次’へ】

 

❺「メールアドレス」に間違いがないか確認して【仮登録】をクリック。(※この時点ではまだ新規登録が完了していません。)

 

❻仮登録のメールが送られてきますので、受信メールを確認。記載されているURLをクリックします。

❼自分のカードの種類を選んで【本登録のお申込 入力画面へ】をクリック。ほとんどの方は、左側になると思います。

 

❽申し込み情報を入力する画面へ移動するので、ユーザー名、パスワードなど、必要事項を全て埋めてください。

 

(※途中にある「利用年月をいれてください」の部分は、直近の利用年月で大丈夫です。これはあなたが本当にETCカードの持ち主か確認するための手段だと思います。)

 

もし利用した月日を忘れてしまったという方は、クレジットカードの利用明細を見て確認してください。

 

WEB明細にはETCカードを実際に使用した日が記載されているので、そこで確認して直近の日にちを入力すればOKだと思います。

 

❾入力が完了したら、一番下の【次へ】をクリック。

➓確認ページが表示されるので、内容を確認。そして【登録】をクリック

⓫画面が変わって【本登録】が完了すると、画面の部分が「本登録完了」になります。

 

これで新規登録は完了です。情報が反映されるまで、最低でも4時間はかかるそうなので、とりあえず待ちます。

明細書を発行・印刷してみます。

時間が過ぎたら、登録した【ID】と【パスワード】でもう一度ログイン。

 

すると、以下のような画面が出てきます。

 

僕は2020年2月末ごろに新規登録したので、2018年11月(過去15ヶ月)まで表示されていますね。これで、実際に利用日を指定して明細書を発行してみます。

❶画面下の方にある【検索条件を変更する】をクリックし、明細を出したい日にちを選択。画面右下の「検索」を押す。

❷【利用明細書発行】をクリックしして出力。

❸出力された明細を印刷。

 

これで明細の発行は完了です。実際に印刷した状態がこれ↓

 

まとめて発行できるのが便利ですね。

ETCカードの明細書を発行・印刷する方法 まとめ

いかがでしたか?

確定申告のシーズンになると、必要な領収書の管理で忙しくなると思います。特にカード払い関連、ETC関連は本当に面倒です。(^_^;)

 

これ以上、特に言うことはありませんが・・・・とりあえず、ここで紹介した方法で利用明細は発行できるので、経費管理に役立ててください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です