ドラマ『あなたの番です』動画を無料でフル視聴【反撃編/扉の向こう/特別編/メイキング】

あなたの番です・反撃編

ここでは、ドラマ『あなたの番です』の第1話~最終回までの動画を無料で視聴する方法を紹介していきます。

第2クールの「反撃編」や「特別編」、そして、オリジナルドラマ『扉の向こう』や「メイキング」なども視聴したいという方は是非 参考にしてみてください。

ドラマ『あなたの番です』動画を無料で視聴できます

ドラマ「あなたの番です」は
動画配信サービス
「Hulu(フールー)」で
全話(1話~最終話まで)
フル動画で配信中!

さらには「あなたの番です」
Huluオリジナルストーリー
『扉の向こう』も配信中!

動画配信サービス「Hulu」は
2週間の無料お試しキャンペーン中

この期間内なら
完全無料見放題動画を
楽しむことができます。

もちろん解約金も一切かかりません。

  1. 月額1,026円で全ての動画が見放題!
  2. 1日あたり約34円というお得な料金
  3. 2週間無料のお試しキャンペーン実施中!
  4. 国内外のドラマ、映画、アニメ最大60,000作品が見放題
  5. Huluだけのオリジナルストーリーも多数
  6. ケータイ料金と まとめられる、キャリア決済にも対応

お得な「Hulu」を
詳しく解説
登録・解約の方法はコチラ↓

Hulu

「Hulu(フールー)」無料登録の方法、解約・退会の方法は?料金・支払方法も分かりやすく解説してみた。

※このページの情報は2020年 1月現在のものです。最新の配信状況は「FODプレミアム」公式サイトにてご確認ください。

ドラマ『あなたの番です』動画リンク

ドラマ『あなたの番です』

「あなたの番です」
見逃し配信

ー見逃し配信は終了していますー


第1話~最終回までまとめて視聴

※全話まとめて視聴できるのは「Hulu」だけです。


PR動画検索&告知、予告など

※動画共有サイト「Dailymotion」「PandoraTV」にアップロードされている動画は、公式ではない、違法のアップロード動画の可能性があります。

※動画共有サイトの注意点について>>

違法アップロードサイトで動画の視聴は危険です。

危険

違法アップロードの作品を視聴する場合には”リスクが伴う”ということを知っておく必要があります。

再生するとウィルスが仕込まれていたり、再生中に突如消えない広告が表示されたり、読み込みスピードが遅くなったりと、様々なデメリットもあります。

無料とは言え、その後のリスクを考えるとあまりオススメできないのが正直なところです。

※文化庁「違法ダウンロード広告委員会」によるQ&Aを参照>>

ですのでそれらのサイトでの視聴はおすすめしませんが、それでも見たいというう場合は自己責任でお願いします。

安全な方法でドラマ作品を視聴するには、公式の動画配信サイトなどを利用するようにしましょう!

1分で簡単「Hulu」無料登録の流れ。

「Hulu」の登録の流れはとても簡単です。

説明の動画が用意されているので、まずはこちらをどうぞ↓

「無料登録」の流れは以下のとおり。

  1. 「Hulu」公式の「いますぐ無料お試し」をクリック
  2. メールアドレス、名前など「アカウント情報」を入力
  3. 「支払い情報」を入力し登録完了

登録の流れは3ステップほどで完了。さらに詳しくは【Huluの無料登録の流れと解約方法を解説】のページで紹介していますので、そちらを参照してください。

ドラマ「あなたの番です」詳細・イントロダクション

 

東京オリンピックを翌年に控え、活気づく東京の下町。隅田川のほど近くに建つ中級マンションに、年の差結婚をした一組のカップルが引っ越してきた。

スポーツウェアなどのデザインを手掛けるデザイナー、手塚菜奈(原田)は、仕事で知り合ったスポーツジムのトレーナー、翔太(田中)に猛アタックされ、15歳の年の差を乗り越えて結婚。

菜奈と翔太は共にミステリー好きで、2人で人間観察をして、その人物像を推理するのを楽しんでいる。

引っ越し当日も、マンション住民を観察し、明るい未来を想像する2人。しかし、菜奈が「住民会」に出席したことで、運命が大きく動いていき…。

引用:https://www.ntv.co.jp/anaban/intro/

【出演者・キャスト一覧】

原田知世 田中圭
西野七瀬 浅香航大 奈緒 山田真歩
三倉佳奈 大友花恋  金澤美穂
坪倉由幸(我が家)中尾暢樹
小池亮介 井阪郁巳 荒木飛羽

袴田吉彦 片桐仁 真飛聖
和田聰宏 野間口徹 林泰文
片岡礼子 皆川猿時

徳井優 田中要次 長野里美
阪田マサノブ 大方斐紗子 峯村リエ

竹中直人 安藤政信
木村多江 生瀬勝久

ドラマ「あなたの番です」各話あらすじ:ネタバレ感想

【第1話】ネタバレあらすじ・感想

手塚菜奈(原田知世)と翔太(田中圭)は15歳離れた年の差婚の新婚夫婦・・。マンションを購入し幸せいっぱいの2人は引越し作業に張り切っていた。作業がひと段落し、管理人が訪れる。強引に上がり込んだ管理人は部屋中を写真で撮るなど、横着でデリカシーのない態度。

その後、近隣の住人に引越しの挨拶をしに行く菜奈と翔太。何とも言えない住人達の空気に不自然さを感じる二人。その後、月に一度の住人会があるということで、出席することになった菜奈。清掃係を決定した後は、お菓子が並べられて懇親会の場になるが、菜奈も、お菓子代を徴収される羽目に。

その後の住民同士の会話がおかしな方向に・・・。

ひょんなことから、「だれを殺したいのか」という投票を1人ずつしていくという異常な状況に発展する。自宅に帰った菜奈は、夫の翔太に住民集会の内容を伝えることはなかった。

食材を買い出しに出かけると、住民の榎本早苗に出くわす。スーパーでは、買い物する菜奈を見つめる不審な人物が。

夜、手塚夫妻が自宅で過ごしている際、管理人に電話すると、なぜか外から着信音が聞こえる。

恐る恐るカーテンをあけると管理人が逆さにぶら下がる姿が・・・。そのまま管理人は転落し、生き絶えてしまう・・。

マンションの掲示板には”管理人さん”と書かれた投票用紙が貼られていた・・。

ゲームはすでに始まってしまっていたのだった・・。

第1話:視聴者の感想

20代女性
前回の番組3年A組を彷彿させるかのようなサスペンス・ミステリーあふれるドラマとなっており、表向きは皆優しそうであれど内心は非常にキナ臭く、怪しい描写あるため、最後はどのような結末を迎えるのかが気になるところです。また今回のカギである物のはずみで始まった憎いものを記載するというゲームから始まったの管理人の不慮の事故に発展するというややアットホームなストーリーからの最後の数分でのムードチェンジと今後のストーリーが非常に面白そうなドラマでした。
30代男性
なんだか不自然。消したい人を書くゲームだなんて、大人のすることとは思えません。たとえ、本気ではないにしても、常識ある大人がそんなことを始めるなんて、おかしすぎる。もしかして、このマンションには何か秘密があるのでは?そこになぜ菜奈と翔太が住むハメになってしまったかは謎ですが、マンションの住民達には共通の秘密を持っている。菜奈と翔太がここを購入したのも、何か理由があって、選ばれた二人だった。なんてことまで考えてしまうぐらい、こんなゲームをした住人達は異常だと思います。
【第2話】ネタバレあらすじ・感想

ベランダで謎の死をとげた管理人は、結局脳腫瘍で悩んだ末の自殺と警察により判断された。住民会の話の中で、藤井さんは殺したい人としてDr.山際を紙に書いたと告白した。

そして、徐々にそれぞれの住民の裏の顔が見え始める・・・。

ある日、たまたまふたりで立ち寄ったブータン料理店はシンイーの働く店で、マンションの住民のたまり場になっていた。

そこでテレビに出演するDr.山際の話題になり、藤井さんはDr.山際との大学時代の確執と彼への憎しみを語る。その時、テレビの速報でDr.山際の首のない遺体が発見されたとのニュースが流れる。

動揺の中、藤井さんが帰宅すると「ルールはちゃんと守りましょう」と書かれた回覧板が届く。

以前の住民会で「代わりに殺すルール」の意見を述べた藤井さんを追い詰めるように、勤務先の病院には「あなたの番です」と書かれた封書が届き、自宅には「殺人教唆」と書かれた郵便物が届く。

そして、ある晩帰宅した藤井さんは、洗濯機の中で回転するDr.山際の首を見つけてしまう!

第2話:視聴者の感想

30代女性
管理人の死をきっかけに、住民が疑心暗鬼になっていく様子に引き込まれました。特に山際絡みの藤井は狂気じみていて、私の近くにこんな人が住んでいなくてよかったと思いました。さらに新たな殺人もあり、皆犯人なのではと怪しく見えて、続きが気になりました。
40代女性
あなたの番です2話で住民全体の不信感が高まる中、全員怪しく見えてきます。こんなマンションホントにあったら嫌ですね。菜奈ちゃんがバツイチだったことが明らかに。それもなんか関係してくるのでは?と思えてきます。元旦那はもしかしたら野間口さんなのかな…?と、憶測が憶測を呼びます。
【第3話】ネタバレあらすじ・感想

タレント医師で親友でもあった山際(森岡豊)を誰かに殺してもらった藤井(片桐仁)は、知らない誰かに次は【あなたの番です】と脅迫されていた。

住民会で行った交換殺人ゲームで、藤井が引いた紙に書かれていたのは【タナカマサオ】の文字。しかし、藤井には【タナカマサオ】は誰なのかは一切わからなかった。

そんな時、藤井の勤務する病院に【タナカマサオ】と名乗る人物が診察に現れる。

そこに現れたのは、藤井も常連のブータン料理店の店長ドルジ(名倉右喬)だった。

思いがけなく【タナカマサオ】の正体を知った藤井の起こした行動は・・・。

ルール違反だと言った自分の言葉に追い詰められていく藤井。【タナカマサオ】の正体を知り、紙に名前を書いたのは、同じブータン料理店で働く住民のシンイー(金澤美穂)なのではないかと疑う。

彼女は店長であるドルジから、恋人・クオン(井阪郁巳)の不法滞在をネタに執拗に口説かれていた。

店長の事を心配し、電話をするシンイーだったが、その電話の次の瞬間、爆音により電話が途切れた。

そしてシンイーの元には【あなたの番です】と書かれた包丁が、、、。殺人の連鎖は止まらない。


第3話:視聴者の感想

20代女性
本格的に様々な住民の素性が見えてきてドキドキしました。特に赤池家族が崩壊していく様をみて、これからどうなってしまうのかと気になって仕方がありません。また、謎の男細川の登場。マンションの住民ではない意味深な細川が、これからどのようにこのドラマを狂わせていくのか、今からとても楽しみです。藤井は、脅迫に怯え本当に罪を犯してしまったのか?それとも別の誰かが殺人を行ったのか?謎が深まっていくばかりで伏線回収が楽しみな3話でした。
30代女性
今回は藤井にフィーチャーされていて、交換殺人ゲームの怖さがありありと感じられました。藤井がどうやってタナカマサオを見つけ、どんな手口で殺人を犯すことになるのかが見どころでした。しかし、ここまで来て警察に相談しないのはどうなの?とも思ってしまいました。
30代男性
第3話では、ついにタナカ マサオの正体が明らかになりました。しかし、タナカマサオは藤井の病院になぜやってきたのでしょうか?そしてタナカマサオを殺した犯人は本当に藤井なんでしょうか?またまた謎が謎を呼ぶ展開。伏線が多すぎて誰もが怪しく見えてしまいます。
【第4話】ネタバレあらすじ・感想

第4話:ネタバレ

シンイは店長の名前を書いたことを打ち明けます。

正直、私だとしても、セクハラまがいな店長の名前を書くだろうと思います。

シンイが書いたのは当然だと思います。

また、赤池美里は姑のイビリに耐える日々です。こちらも自分とおきかえて考えてみれば当然だと思いますが、赤池里見は赤池幸子の名前を書いたと思います。

住民だちもそれぞれ、自分が引いた紙に書いてあった名前を打ち明けますが、知らない人は織田信長などで、知っている人と言えば赤池幸子だけでした。

そんな中、交換殺人ゲームのことはななから隠されていたしょうたが、交換殺人ゲームについて聞いてしまいます。

そして時を同じくして、ななの仕事先に細田さんが!旦那さん登場という言葉に驚きました。まさかでした。

そことつながってくれるのか!とますますこのドラマが面白くなってきました。

その日の夜、夕食を取ろうとしていると赤池さんの部屋から大きな音がし、駆けつけると里見と旦那が死んでいました。

おばあちゃんは最後に何と叫んでいたのか聞き取りにくく、とても気になります。

第4話:視聴者の感想

30代女性
赤池家の幸子ご殺されると思っていたが、まさか幸子が生き残り美里と旦那が首を切られるとは予想外だったところが、次回の展開が楽しみ。手塚菜奈の元旦那!?がまさか翔太のジムでトレーニングしているのが翔太のこれからの行動が気になる。
20代男性
住民会で誰の名前が書かれた紙を引いたのか話になり、浮田は赤池幸子と書かれていたと暴露したところが驚きました。そしてその後、赤池家族の家から大きな音がして行ってみると赤池夫婦が血を流していて、幸子は生きていたところがゾッとしました。
【第5話】ネタバレあらすじ・感想

502号室の赤池美里と赤池吾朗が殺されていることから第5話が始まる。警察の捜査は具体的に進み、殺人事件となる。403号室の藤井淳史が第一発見者であり、指紋が出てアリバイがないのは201号室の妹尾あいりとして捜査が始まる。

マンションではまた臨時住人会が開かれ、302号室の手塚奈々が警察に交換殺人ゲームのことを言った方がいいと申し出るが、住人同士で犯人じゃないかと疑い合い、通報するかは多数決で通報しないことになる。

それは住人会の中に殺人をした犯人がいるからなのか。赤池美里の名前を記入したのは201号室の浮田啓輔だということがわかる。手塚奈々は交換殺人ゲームのことを翔太に隠していたが、翔太がゲームについて301号室の尾野幹葉から聞かされていて知っていたことを知る。夫婦関係も少し離れていくのを感じるが、翔太が奈々を信じるとこれからもということで、また絆を取り戻す。

だが、夜中、奈々の元旦那で翔太の客である細川朝男と密会していることを翔太に見られる。次の日には、101号室の久住譲が自分に似ているとずっと言われる俳優の袴田吉彦の名前を交換殺人ゲームの紙に書いたと奈々に告白すると、その袴田吉彦が集団暴行に合う。

翔太は、奈々と密会していた細川と職場のジムで顔を合わせるが険しい顔をしながら、第5話は終わり、次回に続く。


第5話:視聴者の感想

30代男性
第5話では、赤池夫婦が死亡した件で、住民たちがいろいろ言い合いしていたので、お互いの関係が悪化しないかと思いながら見ていました。住民会でのシーンは、犯人探しをしていたので誰かがまとめ役になる必要があると思いました。
30代男性
このドラマは怖いけど、田中圭さんを見ていると可愛くて癒されます。赤池さんは二人とも殺されて、お婆ちゃんが老人ホームに行きましたが、それで良かったと思います。自分がこのマンションに住んでいたら、すでに引っ越しすると思う。5話は話がややこしくて頭が混乱してしまいましたが、302号室のメモは隣に住んでいる尾野さんが書いたのかなぁ~と思いました。翔太君に気がありそうだし、菜奈ちゃんが邪魔だとか思っていそう。来週もどうなるのか楽しみにしています。
40代男性
毎回流れる管理人さんがベランダから落ちるシーンがとても怖いと思っていたけれど、赤池家の頃され方があまりに怖くて目を大分君なるほど。ドラマ化もされた天童荒太の家族狩りを思い出したシーンでした。おばあちゃんが殺されるとずっと思ってたの夫婦が殺された事にとても驚きました。そして、なぜだか袴田吉彦が本人役で殺されるって展開に驚くというよりなんだか可笑しいというか笑えるというか、最近の辛はバラエティでも本当に自虐ネタが板についてきましたが、まさかドラマでも使うなんてびっくりです。順番でいうと袴田吉彦を殺したのは浮田さん??なのでしょうか?次も見逃せませんね。
20代男性
今回住民同士がお互いを犯人なのではないかと、疑うところが印象的でした。そして浮田が紙に、赤池美里と書いたと暴露したのは驚きました。みんな自分ではないという証明のため、どんどん言っていく感じがなんだかハラハラしました。
【第6話】ネタバレあらすじ・感想

翔太は、細川に菜奈と会っていたことを問いつめますが、彼は細川が菜奈をナンパしていたと勘違いしていて、細川も仕事上の知り合いだとごまかしました。

ですが、菜奈の告白によると、細川は彼女の夫で、別れたのにまだ離婚届が出されていなくて、翔太と籍を入れられないのでした。翔太は戸惑いましたが、細川の名前を引いた久住に絶対殺すなと釘を刺し、細川にも嘘をついていたことを咎めつつ、菜奈のために細川の命を守ると宣言します。

一方、夫・俊明と不仲の佳世は、子供が欲しいとすがりつきますが足蹴にされ、石崎家の子供を自分の家に連れ込もうとします。気づいた夫婦に静止され、佳世は何故自分だけが寂しいのと絶叫しました。

菜奈と翔太は交換殺人のことを探り始め、久住、沙和、早苗と臨時の集会を開き、自分が書いた名前と引いた名前を教え合いました。早苗は初恋の人と書き、引いたのは電車の席を譲らない人。

沙和は大学の教授と書き、引いたのは織田信長。菜奈は細川の名前を書き、引いたのはこうのたかふみでした。そこに澄香が現れ、自分は佳世の名前を書いたと言い、引いた紙は白紙でした。

その後、菜奈達は浮田に協力を求めますが、赤池夫妻の件で疑われている彼は拒否しました。ですが、浮田も駐禁切符の裏に「あなたの番です」と書かれてしまいます。

俊明は佳世にゴルフバッグを会社宛てに郵送するよう頼みますが、届いたバッグの中には、佳世のものと思われる女性の足が紛れ込んでいました。

その頃、佐野が不審なクーラーボックスを引きずりながら歩いているところを誰かに見られていました。


第6話:視聴者の感想

30代女性
住民達の隠された秘密がだんだん明らかになってきて、みんな表面上はわからないドス黒い部分があるんだなと、ちょっとゾッとしました。ゲームに無関係な人がどんどん殺人の連鎖に巻き込まれているのも怖いですが、状況を全て把握している真犯人が確実にマンションの中にいることが一番怖いです。
20代男性
今のところ、浮田が一番悪者扱いになっていますが、この件に全く関わっていない尾野と江藤も気になります。でも、一番人の良さそうな早苗が意外と闇を抱えていそうで、何でもポンポン話してしまうところが逆に怖かったです。
40代男性
犯人の目途が全く立たないので、毎回ドキドキしてます。住人が個性的過ぎて、みんながみんな怪しく見えて仕方ないです(笑)まだまだ新しい住人が出てきたりするので、顔と名前を覚えるのに大変ですが、楽しく見ております。こんなに事件と登場人物を増やして、最終的にどうやって犯人に結びつくのかがとても興味深いです。それにしても、菜奈がまだ離婚出来ていなかったという事実にはびっくりしました。
20代女性
細川が翔太のジムに、菜奈との関係を知っていて通っていることが不気味で仕方ありません。次回では、多分細川が殺されると思うので、翔太が疑われないといいなと願わずにはいられません。
【第7話】ネタバレあらすじ・感想

新管理人が登場。謎の荷物を運ぶ佐野が出くわすところから始まる。マンション内では英会話教室の児島佳世が殺された為、ついに菜奈と翔太らは警察に通報。

一方浮田は妹尾あいりが父親を探している為にあいりの父親と会い、あいりに会うように進める。だが、あいりは母親が死んだのは父親のせいだ、父親を殺してやると探しているのだった。

久住には「あなたの番です」と続々と脅迫が届いており、実家の写真(母親・ガスタンク・マッチ棒の箱)まで手元に届く羽目に。そんな中、小野はマンションへの帰り道、一緒に帰ろうと翔太を誘うが、つれない翔太に捨てられたと捨て台詞を一方的に吐いて、走り去っていく。

あいりは浮田と父親に会いに行くことに。あいりは父親を刺そうとしたが、浮田にナイフが突き刺さる。浮田は病院に行くと告げ、あいりをその場から逃がすが浮田はその直後、あいりの父親の店のトイレの中で絞殺死体(針金で首を絞められる)として発見される。

久住は悩んだあげく細川を殺そうと細川の会社へ乗り込むが細川に説得され、罪を犯すことはないと思われたが、実はエレベーターを操作し、細川をエレベーターの空洞へ落とそうと殺害を企てるも同時に久住も細川と共にエレベーターの空洞に落ちてしまう。(おそらく2人とも死亡)


第7話:視聴者の感想

40代女性
第七話にして三人も死んでしまい驚きを隠せません…。後半にきてヒートアップするのはいいけれど、死にすぎでは?エレベーターよく乗るけど開いたと同時に乗るのはやめとこうと思います。人が死に過ぎているので主犯というのか、かき回している人が全く予想できません。そもそも尾野も可愛いストーカーと前回まで思っていたがそれ以上に行動が恐ろしすぎてドン引き。殺人とは違うメンヘラの恐ろしさに身の毛がよだちます。
40代男性
浮田は意外といい人だったので死んでしまってとても残念。あいりと浮田の絡みは少しほっとするところもあったのでさみしい気もします。毎回思いもよらない人が死んでいくので次回は誰が犠牲になるのか気になります。果たして主犯に恨みを全員がかっているのでしょうか…
30代男性
今までのお話の中で、初めて殺す側の描写が出てきました。久住が細川を殺す場面は緊迫感が出ており、非常にハラハラしながら見ていました。来週の展開がまだわかりませんが、今回のお話では3人が死んだということになるのでしょうか。ただ、久住の場合はエレベーターから落ちたといっても、先に落ちている細川がクッションとなってくれる可能性もありますから、まだ生きている可能性も捨てきれないと思います。生きていても殺人犯になってしまうのは明確ですし、それが本人にとって幸せかはわかりませんが。
【第8話】ネタバレあらすじ・感想

エレベーターホールで転落した久住と細川は、地面に叩きつけられました。まず目覚めたのは細川です。スマホに、最期の言葉を打ち込んでいました。おそらく、菜奈に宛てたものです。

頭部からの酷い出血で、細川は生き絶えていきます。その後、横に倒れていた久住も反応が見られるものの、起き上がることはできないまま、病院に搬送されたようです。

細川朝男殺害依頼をネット上に書き込んだ疑惑が菜奈にかけられ、取り調べを受けますが、しばらくして返されます。菜奈は疲れ切って帰宅しました。翔太は積極的に推理を始めます。

尾野宅にあがりこんだり、田宮にも頼み込んで、メモに書いたもの、書かれたものの人物名を探っています。菜奈も、翔太も、それぞれおかしいと感じる人物が浮かび上がってきました。

榎本早苗です。夫の行動も意味不明なところがあり、夫婦で、何が重大な秘密を隠しているようです。

菜奈と翔太は、こうのたかふみを見つけ、気をつけるように言おうと近寄った途端、こうのは血を吐いて倒れ込んだのでした。


第8話:視聴者の感想

20代女性
細川さんと久住さんはてっきり即死したかと思ったが、細川さんはななちゃんにメッセージを残し、久住さんはぎりぎり生きている状態だったことに驚いた。細川さんが死んでしまったことは普通に悲しかった。
20代女性
久しぶりに登場した藤井さんとシンイーちゃんは、お互いを脅し合っていたらしきことが明かされ、ここのやりとりも気になった。木下さんがななちゃんに、殺されるかもしれないことを言っていたのを思い出し、それはさなえさんが書いたのではないかと今回の話で思った
【第9話】ネタバレあらすじ・感想

こうのたかふみさんが殺された場面から始まります。警察に取り調べを受けた後自宅へ帰り話し合う2人。こうのたかふみが誰なのか知っている人は田宮、黒島、早苗。

その中で誰かが殺したと疑うのは嫌だけど警察の神谷が榎本には言うなと言っていたのが気になる。翔太が住民1人ずつ話を聞きに行く。最後に会った尾野がいつもチェーンをかけていることを不思議に思いだすなな。翔太が「確かにチェーンをかけているのは尾野さんだけだった」と言うがななは「早苗さんも」と答える。

そこで榎本家は何かを隠しているのではないかと、慎重に調べてみることになった。そこで住民会には後からゲームのことを知った住民3人が加わり、ゲームを実行した藤井が偶然が重なっただけでゲームは関係ない。終息宣言をしようと話だす。

そこは新しい管理人が、元管理人の床島からお詫びを預かっていると。今まで全く出番がなかった西村宛の謎の緑のマットだった。それが何なのか答える間も無く西村は帰ってしまった。

ある日翔太が赤池さん家の殺害事件を推理しているとマンション近くのトイレで神谷が榎本を殴っている様子を発見。止めたところ何もない酔っ払ったので送ってくれと榎本と2人でマンションへ帰宅。

翔太は榎本旦那が家へ入る隙を見て部屋に入ろうとするが止められて帰宅。家へ帰ってななと戯れてる時に寝室部分に早苗がいたことを思い出す。

次の日早苗が出るのを見計らい家に入り鍵をかけチェームをかける翔太。部屋の奥の寝室部分を開けると男の子と黒島が手錠をかけられていた。なんとか入ってきた早苗に足を刺され翔太も閉じ込められてしまった。


第9話:視聴者の感想

30代男性
まずこうのたかふみを殺した犯人は誰なのか、全く心当たりもなく、一瞬田宮さんかなと思ったのですが田宮さんの行動を見ているとそうではなさそうなので少し安心しました。白だと思っていた早苗さんがだんだん怪しくなってきて、ななと同じように、推理が当たって欲しくないと思っていました。でも今までの話を見てきて、奥の部屋の扉がない事に疑問を持っていたし、もしかして隠し子がいるのではないか?息子が犯人で匿っているのではないか?とは思っていたのですが、まさかの黒島さんが捕まっていて、今回は人も死なないしちょっと平和なのかもしれないと思っていましたが、予想を遥かに上回る回でした。
40代女性
榎本家の秘密が暴かれて大分スッキリしました!謎の人物は榎本家の息子なんだろうし、前管理人と揉めていたのは榎本家であり、交換殺人ゲームで前管理人の名前を書いたのは早苗なんだろうなと思います。まだまだ分からないことだらけだけど面白いです。佐野も少し出ててこれからどんどん出てくるのかと思うと楽しみですね。謎だらけで怪しいですけど、まともなキャラクターだとちょっと嬉しい。翔太と黒島ちゃんの無事を祈りながら次回の話楽しみにしています。
【第10話】ネタバレあらすじ・感想

前回早苗に監禁された翔太と黒島は、早苗の息子に出会う。早苗の息子は、学校でのいじめから守るために早苗に監禁されていた。一方奈々は、翔太の失踪には早苗が関係しているのではないかと早苗の家を訪ねる。

早苗は翔太を一緒に探そうと提案し、奈々と早苗は近所を探すがもちろん翔太は見つからないため、奈々は早苗の家でどうするか一緒に考えてほしいと提案するが、早苗は警察に捜索願を出した方がよいと提案し、一緒に警察署に行く。

警察署では早苗の夫が対応をするが、場所を移そうと喫茶店へ行き、喫茶店で捜索願を早苗の夫に出す。その後奈々は翔太の勤務先のジムに寄ると嘘を言い早苗と奈々は別れる。早苗を疑う奈々はタクシーに乗り一足先にマンションへ帰り早苗の部屋を調べるが、疑われているのを察していた早苗もすぐに帰ってきてしまう。

その後も早苗の過去の動向を振り返ったり、他の住人に早苗について聞き込みをしたりするも手がかりは見つけられず、刑事の神谷に相談しようと連絡するもコンタクトが取れず朝を迎える。

一方、翔太と黒島は脱出しようと、手錠を外す動画を息子に探してもらうが、早苗の息子の部屋のクローゼットから怪しいクーラーボックスを見つけ、開けてみると山際の頭部があり、山際を殺した犯人が早苗であることを知る。

そして、早苗は翔太と黒島を殺害しようと刑事の神谷を呼び、マンションの空き部屋に運ぼうと試みる。神谷とコンタクトの取れない奈々は、意を決して早苗の部屋に突撃し翔太を見つけるが、早苗に見つかってハンドミキサーで襲われてしまい、駐車場まで逃げるが早苗に捕まってしまうが、朝だったため住人に見られてしまう。

そこで、手錠を外した翔太が奈々を助けに行き、早苗の息子がベランダに身を乗り出し早苗に奈々を離すよう説得し、奈々は解放されるが、早苗の息子が誤って落下してしまう。

早苗の息子を助けようと翔太は庇い、頭を打って意識を失ってしまう。病院で目を覚ました翔太は回復し、サプライズで奈々に会いプロポーズをしようと病院を抜け出し家に帰るが、奈々は死んでいた。

第10話:視聴者の感想

20代女性
早苗の異常さが浮き彫りになった回でした。とても人当たりがよく、今まで一緒に交換殺人を推理していたのに山際を殺した犯人だったのが衝撃的でした。特に、黒島と翔太を監禁している際、自分の息子にはただいまと声をかけ、黒島と翔太を見ることもしなかった場面は1番早苗の異常さを感じられました。
30代女性
なんといっても1番衝撃的だったのは、最後の最後で奈々が死んでしまったことです。まだまだ交換殺人は何も解決していませんので、反撃編ではどうなってしまうのかとても楽しみです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です