「アライブ~がん専門医のカルテ」フル動画【第1話~最終回】見逃しドラマ無料視聴しよう

アライブ・ドラマ

ここではドラマアライブがん専門医のカルテ』のフル動画無料で視聴する方法と、第1話~最新話までの見逃し配信の状況を紹介していきます。

「過去の放送を見逃した」という方は参考にしてみてください。

ペンタくん

木曜ドラマ『アライブ~がん専門医のカルテ~』は、2人の女医が自らの痛みと耐えながら人生を生き抜く最新のメディカルヒューマンドラマです。

主演の松下奈緒さんが腫瘍内科医の主人公「恩田心」を演じ、バディとなる消化器外科医の「梶山薫」を木村佳乃さん演じます。

ドラマ『アライブ~がん専門医のカルテ』見逃し動画を無料でフル視聴しよう

木曜ドラマ『アライブ』は
FODプレミアム」で
1話~最終回までの全話
フル動画で配信予定!

「FOD」は2週間無料の
お試しキャンペーン」実施中

この期間内なら
完全無料で動画を
楽しむことができます。

もちろん解約金も一切かかりません。

  1. 初回登録は2週間無料の「お試し期間」あり
  2. 月額888円(税抜)で対象対象のコンテンツが見放題
  3. 1日あたり約32円という破格の安さ
  4. 継続利用で最大1,300円相当のポイントが無料でもらえる!
  5. フジテレビ系のドラマ・バラエティー・映画・アニメ・海外ドラマなど豊富なラインナップが最大40,000本!
  6. 有名雑誌など電子書籍も100誌以上読み放題!

お得な「FODプレミアム」を
詳しく解説
登録・解約の方法はコチラ↓

FODプレミアム

「FODプレミアム」無料登録、解約の方法を詳しく解説!利用料金はいくら?

※このページの情報は2020年 3月現在のものです。最新の配信状況は「FODプレミアム」公式サイトにてご確認ください。

ドラマ『アライブ~がん専門医のカルテ』見逃し動画リンク

木曜ドラマ『アライブ~がん専門医のカルテ』

「アライブ~がん専門医のカルテ」
見逃し配信


第1話~最終回までまとめて視聴


PR動画検索&告知、予告など

※動画共有サイト「Dailymotion」「PandoraTV」にアップロードされている動画は、公式ではない、違法のアップロード動画の可能性があります。

※動画共有サイトの注意点について>>

違法アップロードサイトで動画の視聴は危険です。

危険

違法アップロードの作品を視聴する場合には”リスクが伴う”ということを知っておく必要があります。

再生するとウィルスが仕込まれていたり、再生中に突如消えない広告が表示されたり、読み込みスピードが遅くなったりと、様々なデメリットもあります。

無料とは言え、その後のリスクを考えるとあまりオススメできないのが正直なところです。

※文化庁「違法ダウンロード広告委員会」によるQ&Aを参照>>

ですのでそれらのサイトでの視聴はおすすめしませんが、それでも見たいというう場合は自己責任でお願いします。

安全な方法でドラマ作品を視聴するには、公式の動画配信サイトなどを利用するようにしましょう!

ドラマ『アライブ~がん専門医のカルテ』サイト別・動画配信状況。

木曜ドラマ『アライブ~がん専門医のカルテ~』の配信が予定されている動画サイトをまとめて見ました。

フル動画・配信状況
FODプレミアム 〇 【見放題】
U-NEXT
dTV
Amazon prime video
Hulu

木曜ドラマ『アライブ~がん専門医のカルテ~』の動画配信が予定されているのはフジテレビ公式の「FODプレミアムだけ。

 

つまり、見逃し配信が終了してしまった過去の放送を見るには『FODプレミアム』の利用が必須ということになります。

 

ペンタくん

「TVer」や「FOD見逃し無料」などの”見逃し配信”をさらに見逃してしまっても、「FODプレミアム」なら都合のいいタイミングで見れるので便利ですね☆彡

 

見逃し配信の期間は基本的に1週間・・・「見逃し配信」すらも、見逃しちゃうことってよくあります(笑)

 

そんな方の為に、期日を気にすることなく視聴できるのが、フジテレビ公式の「FODプレミアム」です。

FODプレミアムロゴ

 

ちなみに「FODプレミアム」では現在2週間の無料お試しキャンペーンを実施中。

見逃してしまった過去の放送も【第1話~最終話までの全話】まとめて見ることができます。

 

登録方法については「FODプレミアムの無料登録をわかりやすく解説」のページで解説していますので、そちらを参照してください。

ドラマ『アライブ~がん専門医のカルテ』詳細・原作について

【イントロダクション】

2020年の幕開けに“がん”をテーマとした全く新しい医療ドラマを放送する事が決定。タイトルは『アライブ がん専門医のカルテ』。

主演・松下奈緒さん、そして木村佳乃さんとは14年ぶりの共演でお届けする本作は完全オリジナル作品です。

年間およそ100万人(厚生労働省発表2016年間の新たな診断例数:995,132人)の人々が新たに診断され、2人に1人が生涯のうちにかかると言われている“がん”。誰もがなり得るこの“国民病”に立ち向かうべく、最強のタッグを組んだ内科医と外科医2人の女医。

内科の中でも腫瘍内科〈メディカル・オンコロジー〉というがんに特化した診療科を舞台に、今の医療現場に最も求められているがんのスペシャリストたちの戦いと苦悩を描く“メディカル・ヒューマン・ストーリー”です。

また、彼らが伴走する患者たちの生き様や、2人の女医がそれぞれに痛みと秘密を抱えながらも、絆を深め合い人生を生き抜いていく姿を、繊細かつユーモラスに描いていきます。

薬物療法を専門とするがん治療に取り組む腫瘍内科は、欧米に比べ、日本ではまだ歴史が浅い診療科ですが、全ての種類のがん患者の診療にあたり、複雑化したがん診療を適切に行うために必要とされている存在です。

本作は、日本のドラマでは初めて本格的に“腫瘍内科”にスポットを当て、医療現場の新たな一面を描き、これからの時代を生きるすべての人に贈る“新たな医療ドラマ”としてお届けします。

引用:https://www.fujitv.co.jp/alive/

『アライブ~がん専門医のカルテ』主要キャスト

アライブ・ドラマ

恩田心(おんだ・こころ)
松下奈緒

主人公である恩田心(おんだ・こころ)は腫瘍内科の医師。周囲からは“オンコロ先生”と呼ばれている。

心は人を救う職業に就きたいという思いから医師を目指し、奨学金で医学部に進学。

医学部卒業後、最初は放射線科に進のですが、画像診断でがん患者を救った経験をきっかけにがんの専門家になりたいと思うようになり、腫瘍学を学び腫瘍内科へ転科を決めます。

国内ではまだ数少ない“がんのスペシャリスト”で、負けず嫌いで大胆な面もある。患者に対して自然と寄り添う事ができる医師。


アライブ・ドラマ

梶山薫(かじやま・かおる)
木村佳乃

有能な消化器外科の梶山薫(かじやま・かおる)は消化器外科医になって15年のキャリアを持つ。腕が良いと評判の医師で数々の手術をこなしてきた経験の持ち主。

特に“サイレントキラー”と呼ばれるすい臓がんの手術などを有能な手技で行い“がんを切る女医”としてがんの知識にとても長けている。

仕事では常に冷静沈着で瞬時に正しい判断ができるものの、大胆な性格で周囲を驚かせる女性で、恋愛関係になるのは常に一筋縄ではいかない男性ばかりという一面も・・・。

職場を転籍した先が心の勤める病院で、心の腫瘍内科医としての知識と姿勢に共鳴し、外科治療の立場から心を支えるバディとなっていく。しかし、そんな心に対して、絶対言えない”ある秘密”を抱えている…。

『アライブ』出演キャスト一覧
  • 松下奈緒
  • 木村佳乃
  • 清原翔
  • 岡崎紗絵
  • 小川紗良
  • 中村俊介
  • 三浦翔平
  • 田辺誠一
  • 藤井隆
  • 木下ほうか
  • 高畑淳子
  • 北大路欣也

主題歌「はるどなり」須田景凪

ドラマ『アライブ~がん専門医のカルテ~』の主題歌『はるどなりを歌うのは、シンガーソングライター須田景凪さん。

2013年より「バルーン」の名義で活動しているボーカロイド楽曲アーティストで、自ら歌うセルフカバーでも数多くの支持を得ています。

主題歌の「はるどなり」も彼自身がドラマのために書き下ろした楽曲で、「自分の中にある命への価値観とリンクする描写に対して丁寧に製作した」とのこと。

冷たくも温かい、ドラマの内容に寄り添うような楽曲に仕上がっています。

ドラマとあわせてチェックしておきたいですね。

ドラマ『アライブ~がん専門医のカルテ』各話のあらすじ・感想

第1話:「原発部位が原因不明のがん」

恩田心(松下奈緒)は横浜みなと総合病院に勤務する腫瘍内科医。様々な症状のがん患者と日々向き合い、忙しい毎日。
この日、心は、担当患者・高坂民代(高畑淳子)に再発の告知をしていた。民代にとっては幾度目かの経験で、軽口を叩き去っていく。一息つく間もなく、次は、化学療法室から緊急の連絡。初日の研修医・結城涼(清原翔)と共に駆けつけると、初来院の男性患者が倒れていた。心たちが適切な処置を施し落ち着きを取り戻すが、紹介状に添えられたカルテを見て、心は違和感を感じる。担当医である消化器外科部長の美川に生検を進言しようとするが、「勝手に人の患者を診るな」と言われてしまう。仕事を切り上げ、向かったのは別の病院。3ヶ月前に事故に遭い意識不明となっている夫を見舞うためだ。少しの滞在の後、すぐに息子の蓮を迎えに行き帰宅すると、義父・京太郎(北大路欣也)が出迎える。来ることは聞いていない。世話を焼いてくれるのはいいが、気を使う相手。公私共に息つく暇がない…これが、最近の心の日常だった。

引用:「アライブ」公式サイト

【第1話:視聴者のネタバレ感想】

30代男性
松下奈緒さんが演じるがん専門内科医の心、彼女の仕事は、今まさに必要とされている、患者さんの気持ちに寄り添う大切な仕事です。その反面自分で手術できない歯がゆさも感じざるを得ないとも思います。消化器外科医の薫(木村佳乃)を信じ、患者さんを託し祈るだけの立場でしかなく、その時の患者さんにとっては手術の成功が喜びなのかもしれません。人の人生を変えてしまうまでの病(やまい)というのは、手術で全てが終わるわけではなく、その後どのように生きていけるのかが、患者にとっては必要で、一生抱えていかなければならない重い悩みとなるのです。病が発症してから人生の終わりを迎えるまで、最も長く必要とされるのは専門内科医という仕事だと改めて思いました。

20代女性
腫瘍内科医というお医者さんがいるのを初めて知りました。少しでも長生きしてほしいという家族と、治るかわからない治療に時間を割くなら好きなことをしたいという患者さんの気持ちが両方わかりますね。自分だったらどうしたいか、つい真剣に考えてしまいました。三つの「あ」はなるほど!と思いました。木村佳乃さんが演じる女医さんが過去に何があったのか気になります。

視聴者の感想をもっと見る>>
50代女性
恩田が腫瘍内科医として、仕事に子育てに日々奮闘していたところが印象的です。そして夫が事故にあってしまい、そのことを考えて泣いていた恩田が切なかったです。梶山はそんな恩田にやさしく声をかけていたのが、良かったです。だけど梶山は恩田の夫の手術に携わっていて、ミスをしてしまっていた過去があったのはとても驚きました。

40代女性
主役の恩田心が事故で意識不明の夫のことがありながらも患者に真摯に向き合う姿に感動しました。そして心が患者にいつも話すという三つの「あ」、焦らない、慌てない、諦めない、という言葉には泣きそうになりました。これからどういう展開になるのか楽しみですし、心も三つの「あ」で夫のために頑張って欲しいなと思いました。次が早く見たいです。

40代男性
アライブ~がん専門医のカルテの第1話を観て、男性の乳がんの患者さんがいることにとてもびっくりしました。がんになってしまう原因が遺伝だと言われてしまえば、それまでなのですが、私生活が影響していると判明するならば何らかの改善により防ぐことができるのかなあと思いました。心が娘を育てていくこと、仕事との両立の大変さを感じました。

20代女性
旦那が寝たきりになってしまっているのにも関わらず医者として働かなければいけない心を見ていると、小さなことで弱音を吐いている毎日が情けなく感じ、毎日大切に生きようと思わされました。癌患者がたくさんいることや、寝たきりでも子供を育てるために働かなければいけない人や、いつ目を覚ますかわからない人を待つ人は沢山いることに気付かされました。心と薫はただ仲良くしているだけでなく、薫が心に近づいている理由がオペに失敗したからだということには驚きました。何のために自転車をパンクさせたのかも気になります。わざと失敗したわけではないので、良い方向に2人が向かってくれればいいなと思いました。

50代男性
色々と考えさせられますが、良いドラマでした。ガン患者の村井さん(石野真子)の迫真の演技には思いっきり泣けました。病院の屋上での日の出とプロポーズ•••凄く素敵で涙腺大崩壊でした。手術成功して本当に良かった。しかし、まさか梶山先生(木村佳乃)が恩田先生(松下奈緒)の旦那を手術した医師だったとは•••もう一つのドラマがありそうで、次回がめちゃめちゃ楽しみです。主題歌、なかなか良いかも•••。

第2話:「2人の乳がん患者の戸惑いと苦悩」

恩田心(松下奈緒)が所属する腫瘍内科に乳腺科から乳がん患者の術前化学療法の依頼が来た。患者は日ノ原徹(寺脇康文)という男性。男性の乳がん患者は、罹患者全体の1%にも満たず、その存在をあまり知られていない。部長の阿久津晃(木下ほうか)は光野守男(藤井隆)を担当に指名した。日ノ原と対面した光野は、彼の母親も乳がんだったことを知り、遺伝性の可能性もあると検査を勧める。さらに娘がいると日ノ原から聞いた光野は尚更と検査を勧めるが承諾は渋られてしまう。乳がんにかかったことを、「男の自分がなぜ」と戸惑いを隠せない様子だ。

引用:「アライブ」公式サイト

第3話:「愛する家族と最期の時間…」

恩田心(松下奈緒)に夫、匠(中村俊介)の容態が急変したと関東医科大学附属中央病院から連絡が入り、一緒にいた梶山薫(木村佳乃)と共に病室に駆けつける。京太郎(北大路欣也)と 漣(桑名愛斗)と一緒に、担当医・須藤進(田辺誠一)から状況の説明を受けるが…。

『横浜みなと総合病院』では、心が担当する末期がん患者、木内陽子(朝加真由美)の容態が悪化。腫瘍内科で、陽子の今後のケアについてのカンファレンスが行われる。心は抗がん剤治療をまだ続けることが出来るかを考えるが、光野守男(藤井隆)と阿久津晃(木下ほうか)は否定的だ。緩和医療への切り替えについては、研修医の結城涼(清原翔)と夏樹奈海(岡崎紗絵)の意見も割れる。

 休憩中、心は薫に匠の病院に付き添ってくれたことへの礼を言い、辛い時にいつもタイミング良く現れてくれると話す。そして、心は先日、薫が何か言いかけたことを尋ねるが…。
一方、薫は、容姿端麗な男性・関河隆一(三浦翔平)とジムで出会う。その後も、偶然再会し、言葉を交わすが…。

引用:「アライブ」公式サイト

第4話:「愛する人の死の受け入れ方」

恩田心(松下奈緒)の夫、匠(中村俊介)の告別式が行われる。参列した光野守男(藤井隆)、阿久津晃(木下ほうか)たちは心に弔いの言葉をかけるが、梶山薫(木村佳乃)は声をかけることが出来ない。葬儀を終えた心は、悲しみを抱えながらも日常に戻ろうと、数日後から勤務を再開する。阿久津や光野は心配するが、心は、仕事をしている方が気が紛れると気丈にふるまう。その言葉通り、以前より仕事に打ち込んでいく心だが、突然、警察から京太郎(北大路欣也)に関しての連絡を受け…。

一方、薫は、匠の死に繋がる真相を心に言えないでいた…。打ち明けるべきか否か−。思い悩む薫の元に、先日薫と偶然の出会いを果たしていた関河隆一(三浦翔平)が姿を現し、真の目的を打ち明ける…。

愛する人を失ったとき、遺された家族は、悲しみをどう乗り越えていくのかー。

引用:「アライブ」公式サイト

第5話:「ついに暴かれる過去…」

恩田心(松下奈緒)は阿久津晃(木下ほうか)のアドバイスできちんと忌引き休暇を取り、京太郎(北大路欣也)、漣(桑名愛斗)たち家族と、匠(中村俊介)を亡くした悲しみを共有することが出来た。そうして腫瘍内科の勤務に戻った心に、ジャーナリストの関河隆一(三浦翔平)が接触してくる。心は、腫瘍内科の取材と聞いて引き受けたのだったが、関河が実際に知りたかったのは関東医科大学で梶山薫(木村佳乃)が起こしたとされる医療過誤問題だった。しかし、心に思い当たる節はなく、取材の件を薫に話して関河には気をつけるようにと話す。そんな心と薫の会話を高坂民代(高畑淳子)が聞いていた。

引用:「アライブ」公式サイト

第6話:「抗がん剤への拒否感..」

恩田心(松下奈緒)は夫・匠(中村俊介)が手術中のミス、つまり医療過誤が原因で亡くなったことを梶山薫(木村佳乃)に知らされる。しかも、薫はその時に匠の手術をしていたのは担当医の須藤進(田辺誠一)ではなく自分だったと告白。薫の手技が、匠の死に繋がったことを知った心は、信頼していた薫に裏切られていたことで、信じがたい混乱と苦しみの中、薫に対して「消えて…」と伝える。

数日後、薫はまだ横浜みなと総合病院にいた。退職願を消化器外科部長の美川史郎(阿南健治)に提出していたが、薫の手術を待つ患者もいるためすぐに辞める事は出来ない。心が担当する高坂民代(高畑淳子)もその一人。しかし、心は薫を避けるようになっていた。

引用:「アライブ」公式サイト

第7話:「孤独すぎる二人きりの親子を救え…」

恩田心(松下奈緒)は匠(中村俊介)の死が、梶山薫(木村佳乃)ではなく須藤進(田辺誠一)による医療過誤であったことを関河隆一(三浦翔平)に証拠とともに知らされた。心は薫に酷いことを言ってしまったと謝罪し、須藤を関東医大附属中央病院の調査委員会に申し立てると話す。薫の心中は複雑だ。

心は新たに武井正弘(平田満)という患者を担当。武井は3年前に膀胱がんの治療を受け、経過は良好だったが今回の検査で肺への転移が発見された。がん性腹膜炎の疑いもあるため、入院しての抗がん剤治療を勧める心だが、武井は仕事もあるからと通院治療を望む。心は説明には武井の家族の出席も求めたのだが、話は本人にしか出来なかった。同席していた結城涼(清原翔)は武井が頑なに入院を拒否することに疑問を持つ。

引用:「アライブ」公式サイト

第8話:「若きがん患者の苦悩..」

 恩田心(松下奈緒)は、抗がん剤治療を受けないと言う高坂民代(高畑淳子)に理由を尋ねる。動けるうちにやりたいことをやっておきたいと答える民代は、心と梶山薫(木村佳乃)の関係を心配していた。薫に会った心は、本当に横浜みなと総合病院を辞めるつもりかと聞く。

そんな時、高校生の井上和樹(萩原利久)が入院してくる。和樹は幼い頃からがんで入退院を繰り返し、今回も大学入学を目前に控えての再発だった。心と一緒に和樹と会った夏樹奈海(岡崎紗絵)は医局で光野守男(藤井隆)が、かつて入院していた時の様子を聞く。光野は子供の頃の和樹は優しくて頑張っていたと教えるのだが…。和樹もその家族たちも病気に疲弊していた。自分の弟もかつて入退院を繰り返していた経験がある奈海は和樹に寄り添おうとするが…。

引用:「アライブ」公式サイト

第9話:「二つの命を守ることはできるのか..」

恩田心(松下奈緒)と梶山薫(木村佳乃)が、婦人科医の前園敬之(高橋洋)に呼び出される。前園は、切迫流産で緊急入院した小山内静(山田真歩)の胎児をエコーで確認したところ気になる部分が見つかったと二人に話す。静はかつて大腸がんで入院したときに心が担当した患者だが、肝臓への転移が見つかったのだ。カンファレンスで、心たち医師たちはがん治療のために静の妊娠継続は難しいということで一致した。

心と薫は静の病室へ行き、病状を説明。心は妊娠の継続が困難なので静の命を優先させたいと告げる。しかし、静に中絶の選択肢はなく、その意思はゆるぎないものだった。静に付き添っている夫の敬(落合モトキ)にもやっと授かった子供だと中絶への同意は得られない。

引用:「アライブ」公式サイト

第10話:「最後に試される、二人の絆。」

恩田心(松下奈緒)と梶山薫(木村佳乃)が担当する、すい臓がんの患者、佐伯芳雄(相島一之)の弟、隼人(丸山智己)が、兄を転院させると申し出てきた。芳雄はこのまま横浜みなと総合病院で手術で良いと思っているのだが、隼人はより腕の良い外科医がいる有馬総合病院への転院を譲らない。心と薫は引き止める事はせず、患者家族の意向に従うことにした。

アライブアライブ
一方、結城涼(清原翔)と夏樹奈海(岡崎紗絵)の研修期間がそろそろ終わろうとしている。阿久津晃(木下ほうか)はこのまま腫瘍内科に来て欲しいのだが、結城は外科、奈海は小児科と当初からの希望は変わっていない様子。阿久津にはどうしても腫瘍内科を強化せねばらならない理由があるようだ。

引用:「アライブ」公式サイト

第11話:「がんと共に歩む、私らしく生きるために」

腫瘍内科医の恩田心(松下奈緒)と消化器外科医の梶山薫(木村佳乃)は困難を乗り越え、医師として、友人として、強く信頼しあえる関係を築いた。そんな矢先、薫は乳がん手術から5年目の検査で、がんの再発が判明。その告白を受けた心は、二人で乗り越えようと誓い合う。しかし、薫の病状は重く、手術は難しい。それでも薫は抗がん剤治療を受けながら、外科医としての仕事を続けたいと心に頼む。

引用:「アライブ」公式サイト

ドラマ『アライブ~がん専門医のカルテ』視聴者の期待の声!

40代女性
今回のドラマ「アライブ~がん専門医のカルテ」に、松下奈緒さんと木村佳乃さんが医療ドラマに医者役で出演するのは新鮮な感じで、恋愛ドラマの印象が強いのであまりイメージが全然なかったのでどんな演技が見れるのか楽しみにしています。今や死因が、がんと言われる時代にどんなストーリになるのか注目しています。

30代男性
松下奈緒さんの久しぶりの主演ドラマでとても楽しみです。ドラマも医療ものということで楽しみです。「がん」という重いテーマでもありますが、我々がいつ誰の身に起きるかわからない問題でもありますし、どういったアプローチでドラマが描かれていくのか、期待しています。

30代男性
腫瘍内科というがん治療に特化した医療ドラマや女医がバディを組んで様々な病気に立ち向かう戦いや苦悩を描いたドラマは初めてなので期待しています。また、医療ドラマにこれまで松下奈緒や木村佳乃が出演しているイメージがなく、どんな演技をするか注目されています。

視聴者の期待の声をもっと見る>>
20代女性
フジテレビは今までにたくさんの医療ドラマを出していて、全て面白いので今回も期待しています。また、日本で初めて本格的に腫瘍内科にスポットを当てた作品ということで、どのような作品になるのかすごく気になります。
50代女性
医療系のドラマは多くありますが、「アライブ」は、松下奈緒さん演じる腫瘍内科医の恩田心先生を中心にがんに立ち向かう今までにないドラマです。恩田先生(通称オンコロ)先生とと一緒に活躍するのが、木村佳乃さん演じる消化器外科医の梶山薫先生です。二人とも演技が上手で、医者の風格もあるので、どんなやり取りがあるかとても楽しみです。また、恩田先生は事故で意識不明になった夫がいますし、梶山先生にも秘密がありそうです。それがどのように影響するかも楽しみです。他のキャストは、若手の清原翔さん、岡崎紗絵さん、ベテランの藤井隆さん、木下ほうかさん等です。どのようにして、困難を乗り越えて患者を救っていくのでしょうか。とても楽しみです。

30代女性
松下奈緒さんと木村佳乃さんという大人の女性が出演するドラマです。テーマもがんということで、考えさせられる大人なドラマになっているんじゃないかと思います。また、松下奈緒さん演じる恩田心には意識不明になっている夫と子供がおり、働く妻、母としての面もどう表現するのか楽しみです。

20代女性
木村佳乃さんの出るドラマにハズレはないと思っています。演技派で、シリアスもコメディも完全にやりきってくれる女優さんというイメージなので、彼女が主要キャストとの一人として出るならばそれだけで間違いなく良いドラマになることだろうと思っています。何より私はこの木曜劇場枠が大好きです。いつも重厚で面白いドラマが見られるので、今回もとても期待しています。

40代女性
大ヒットした医療ドラマの枠なので、今度はどんなドラマになるのかと期待しています。14年ぶりの共演になる2人どう距離を詰めてバディとなるのかも楽しみです。そして、がんに特化したと言うことで、新しいがんの情報を聞けるのも楽しみです。

40代女性
久々の松下奈緒さん主演ドラマということで期待しています。腫瘍内科医役にもはまっていると思います。今までのドラマの傾向として、外科医に注目したものが多いですが、腫瘍内科に的を当てているのも、今までにない医療系のドラマになっているのではないかと期待されます。また、外科医はまだまだ男性医師が中心な分野だと思います、それを木村佳乃さんなんて、違和感なくかっこいい女医さんを演じるんだと期待度が高いです。

20代男性
今作では「腫瘍内科医」や「消化器外科」にフォーカスを当てた新感覚医療ドラマで、松下奈緒さんがどの様なガンのスペシャリストを演じるか期待しています。同じフジテレビの「救命病棟24時」の様なドラマの作風だったら嬉しいです。

30代女性
女医二人が主軸のドラマはなかなか無かったと思うので、女性が社会進出する時代背景があるからかなと思いました。腫瘍内科と言うまだ聞きなれない分野のドラマで医療の現場を知れることは良いことだなと思います。二人の演技が楽しみです。

20代女性
2人の女医のお話というところがかっこよくて現代にあってるなと感じました。ガンがテーマだけど、ガンにかかっても命が助かる人が増えてきた中で、今どんな医療が行われているのか、その最先端の技術について知りたいなと思いました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です